2021 春の保育風景 【保育風景】 2021-05-07 10:22 UP!

ランチの時に野菜の進みが遅い年少児に「キャベツ美味しいよ」と声をかけてあげると食べ出します。年長児の優しい一言が何よりです。
ランチの時に野菜の進みが遅い年少児に「キャベツ美味しいよ」と声をかけてあげると食べ出します。年長児の優しい一言が何よりです。
昨年、ぞう組から引き継いだ籾を選別して、籾巻きをしました。水につけ芽が出るようにして、自分苗を育てて6月に田植えをする準備をしました。
昨年、ぞう組から引き継いだ籾を選別して、籾巻きをしました。水につけ芽が出るようにして、自分苗を育てて6月に田植えをする準備をしました。
雨上がりに出来た水溜まりで、大胆に遊んでいます。泥んこ遊びが気持ちいい季節になりました。
雨上がりに出来た水溜まりで、大胆に遊んでいます。泥んこ遊びが気持ちいい季節になりました。
食育で4月のテーマの「前を向いて食べよう」の話を聞きました。スプーンやフォークの持ち方や座り方などの話の後は、楽しい手袋シアターを見ましたよ。
食育で4月のテーマの「前を向いて食べよう」の話を聞きました。スプーンやフォークの持ち方や座り方などの話の後は、楽しい手袋シアターを見ましたよ。
テントウ虫や小さい生き物を見つけると「これ何かな?」「動いてるよ」とじっと見ている子どもたちです。
テントウ虫や小さい生き物を見つけると「これ何かな?」「動いてるよ」とじっと見ている子どもたちです。
違う遊びをしていても、保育者が生き物を見つけて手にのせて見せるとみんな寄ってきます。触ろうとする子どももいます。
生き物が大好きです。
違う遊びをしていても、保育者が生き物を見つけて手にのせて見せるとみんな寄ってきます。触ろうとする子どももいます。
生き物が大好きです。

つくしファミリー

 異年齢で過ごすことで年長児の真似をしたり、年少児の面倒をみたりすることで、園児の色々な面が育ってきています。

 4月は、さくらんぼリズムや食育に参加したり、菜園で昨年から育ててきた野菜を収穫したりしました。昨年のぞう組さんから引き継いだ籾巻きをして田植えの準備もしましたよ。

 

1歳児 りす組

 入園当初に泣いていた子どもたちもすっかり園生活に慣れてきて、砂場や園庭で元気に遊んでいますよ。

 毎月ある食育で4月は「前を向いて食べよう」という話を聞きました。担当の保育者が1歳児にもわかりやすく食器を使って話をしました。子どもたちは、しっかり聞いていました。

 

分園2歳児 ばなな組

 園庭で育てている野菜も実ってきました。野菜にテントウ虫やミツバチがやってきています。園舎の壁を歩いているのを見つけると子どもたちは寄っていってじっとみています。

 園庭では、ボール遊びも楽しんでいますが、保育者が珍しい虫を見つけると紹介しています。小さい生き物に興味をもっている子どもたちです。

 

園のHPはこちら

戻る