• TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  保育風景

2021 稲刈り 【保育風景】 2021-10-11 10:26 UP!

米隊長が来てくれて、実った稲を見て自分たちが育てたことを実感しました。
米隊長が来てくれて、実った稲を見て自分たちが育てたことを実感しました。
「お米の葉っぱってどんな感じかな?」と米隊長に言われてじっくり触ってみました。「ザラザラしてる」「ここ尖ってる」と友達と話し合っていました。
「お米の葉っぱってどんな感じかな?」と米隊長に言われてじっくり触ってみました。「ザラザラしてる」「ここ尖ってる」と友達と話し合っていました。
初めてみる鎌も先生のサポートを受けながら上手に使いました。1回目は慎重でしたが、2回目、3回目になると力の入れ加減も上手になっていましたよ。
初めてみる鎌も先生のサポートを受けながら上手に使いました。1回目は慎重でしたが、2回目、3回目になると力の入れ加減も上手になっていましたよ。
「束ねた稲は半分に分けてここに干します」「どうして干すの?」「稲の根っこの栄養がお米にいくようにだよ」
「束ねた稲は半分に分けてここに干します」「どうして干すの?」「稲の根っこの栄養がお米にいくようにだよ」
話を聞いた後、みんなで半分に分けて持って行き、はざかけにかけて貰いましたよ。「自分でかける」と頑張った子もいました。
話を聞いた後、みんなで半分に分けて持って行き、はざかけにかけて貰いましたよ。「自分でかける」と頑張った子もいました。
「田んぼの中に虫いっぱい居てる」と子どもたちは刈り取った後の株の回りを一生懸命観察していましたよ。バッタ、くも、カマキリなどたくさんいました。
「田んぼの中に虫いっぱい居てる」と子どもたちは刈り取った後の株の回りを一生懸命観察していましたよ。バッタ、くも、カマキリなどたくさんいました。

 10月7日に5歳児が菜園の「田んぼビオトープ」で稲刈りをしました。米隊長の神田先生も来られ、園児と一緒に稲刈りをしました。田植え後、生き物観察や水の管理、実ってきた稲の観察・管理も行ってきました。待ちに待った稲刈りの日は晴天に恵まれて、みんなで楽しく実施することが出来ました。

 収穫のみを目的にする田んぼではなく、お米が育つ間には人間以外の生き物が住処として生息することがわかり、生き物観察や鳥や虫に対する思いやりも子どもたちの中に芽生えて、網掛けや案山子立ての話し合いにも自分の考えをしっかり友だちに伝える中で米作りをして来ました。子どもたちの成長した様子が伺え、とても嬉しく思います。

 

 

園のHPはこちら

「からふるデー」では大きな紙のお絵描きを友だちと一緒に楽しんでいます。
「からふるデー」では大きな紙のお絵描きを友だちと一緒に楽しんでいます。
「お米食べられたらあかんから」と案山子造りをしました。大きな案山子になって服を着せるのも大変でしたが、立派な案山子ができました。
「お米食べられたらあかんから」と案山子造りをしました。大きな案山子になって服を着せるのも大変でしたが、立派な案山子ができました。
「あそびのにわ」では、大繩跳びやフープを使って遊びました。フープを並べて片足で跳んだり、大繩も揺らしてとび越えたりしていました。
「あそびのにわ」では、大繩跳びやフープを使って遊びました。フープを並べて片足で跳んだり、大繩も揺らしてとび越えたりしていました。
玉入れで遊ぶとみんな必死に投げていますが、なかなか入りません。でも楽しかったようで「またしたいね」と言っていましたよ。
玉入れで遊ぶとみんな必死に投げていますが、なかなか入りません。でも楽しかったようで「またしたいね」と言っていましたよ。
園庭のオシロイバナをペットボトルに入れて振るときれいな色になりました。「わー」と声をあげて喜んでいました。
園庭のオシロイバナをペットボトルに入れて振るときれいな色になりました。「わー」と声をあげて喜んでいました。
トンネルを出すと興味があって覗き込みますが、なかなか進めず、反対から呼ばれるとどんどん進んで来ました。
トンネルを出すと興味があって覗き込みますが、なかなか進めず、反対から呼ばれるとどんどん進んで来ました。

5歳児 ぞう組

 毎回からふるデーでは、「何をして遊ぶ?」と友だちと相談して園児自身が遊びを選んでいます。この日は大きな紙に好きな絵を描くことにしたようです。まずは自分の座っている所から書き始めて、書き広げたことで他の友だちと一緒にひとつの作品ができました。

 「田んぼのお米を食べに鳥が来てる」これは大変!!「でも鳥さんにもお米あげようよ」色々な話し合いの後、かかしを作ることになりました。「服着せて人間のようにしよう」と考え、みんなで作りました。「プラスチックやナイロンはあかんよ、鳥が食べたら鳥さんお腹壊すから」と自然の素材にしました。

 

2歳児 うさぎ組

 菜園の隣に出来た「あそびのにわ」で大縄跳びやフープ遊びをしました。ピョンピョンと上手にフープを越え、力強く飛んでる姿がかっこ良かったですよ。

 室内で「玉入れ」をしました。白チームと赤チームで対戦。「もっといれな負ける~」と声は出ますが、なかなか入らない。それでも必死で楽しんでいました。

 

分園0歳児 いちご組

 園庭にオシロイバナがたくさん咲いたので、摘んでペットボトルに入れて振ってみるときれいな色水になりました。水の色が変わっていくのを見て喜んでいましたよ。

 室内では、トンネルくぐりをして遊んでいます。入り口から覗きますが、なかなか進めず反対から名前を呼んで貰うとトンネルを進んできました。くぐり抜けた後は、楽しそうな笑顔でニコニコでした。

 

 

園のHPはこちら

2021 すみれファミリー・0歳児・分園 【保育風景】 2021-09-03 13:28 UP!

紙で作った人形で「手作りすもう」をして遊びました。相手の人形が倒れると「やったー」と喜んでいました。
紙で作った人形で「手作りすもう」をして遊びました。相手の人形が倒れると「やったー」と喜んでいました。
飼育しているカブトムシの世話で、土を入れ替えました。中から白い丸い物が出て来て「何かな?」と考え、卵だったことがわかりました。他のクラスに卵を分けました。
飼育しているカブトムシの世話で、土を入れ替えました。中から白い丸い物が出て来て「何かな?」と考え、卵だったことがわかりました。他のクラスに卵を分けました。
「ツルツルして、持てないよ」四苦八苦して持つと「冷たくて気持ちいいな」と感触を楽しんでいました。
「ツルツルして、持てないよ」四苦八苦して持つと「冷たくて気持ちいいな」と感触を楽しんでいました。
玄関に行くと鳴き声は聞こえるけど何かな?と探す子ども達。飼育ケースで見せて貰って、「ここにいてる」と指さしする子もいました。
玄関に行くと鳴き声は聞こえるけど何かな?と探す子ども達。飼育ケースで見せて貰って、「ここにいてる」と指さしする子もいました。
外での水遊びは大好きですね。容器で水をすくったり、手でバシャバシャしたり、好きな容器を使って遊びました。
外での水遊びは大好きですね。容器で水をすくったり、手でバシャバシャしたり、好きな容器を使って遊びました。
水車を回して貰った後は、自分でやってみようと動かしていました。
月齢の低い子どもは、水鉄砲で遊びましたよ。
水車を回して貰った後は、自分でやってみようと動かしていました。
月齢の低い子どもは、水鉄砲で遊びましたよ。

すみれファミリー

 8月の雨が多かった日に室内でトイレットペーパーの芯と折り紙を使って人形を作り「手作りすもう」をしました。3歳児が人形作りに苦労していると、5歳児が手伝ってくれて人形を完成させました。揺らして倒れると負けなので一生懸命揺らす子もいました。何回勝ったかを覚えておくため、指で一所懸命になって数えていましたよ。そして、周りの子どもたちは応援をしてくれていました。

 当番活動では、飼育しているカブトムシの土替えをしています。使った土を出して新しい土に入れ替えました。「この小さい白いの何かな?」「このウンチ違う」「違うよ、これは卵だよ」「大事にしとこ、来年カブトムシになるから」と3歳児や4歳児に伝えていました。

 

0歳児 ひよこ組

  冷たい氷遊びをしました。初めは何かわからなかった子どもたちでしたが、保育者が「触ってごらん」と差し出すと、そっと手を出し始め、そして冷たい事に驚く子やツルツルする感触を面白がる子など反応は様々でした。暑い日に、ちょっと涼しい時を過ごしました。

 園の玄関で飼育しているスズムシが元気に鳴きだしました。どこから聞こえるのかキョロキョロ探している子どもたちにスズムシを見せました。どうやって鳴くかはわかりませんが、きれいな音色に「うんうん」とうなづいていました。

 

分園 いちご組・みかん組

 夏は、水遊びが楽しいようです。タライに水遊び用のおもちゃを入れておくと、水を手でバシャバシャしたり容器で水をすくったりして遊びました。0歳児は水をかけて水車を回してもらい、とても喜んでいました。夏の遊びをたくさん楽しみましたよ。

 

 

園のHPはこちら

 

 

 

 

2021 おまつりごっこ 【保育風景】 2021-08-10 14:08 UP!

「さかなつり」コーナーは、各日人気のコーナーでした。上手く釣り上げたら大喜びでした。
「さかなつり」コーナーは、各日人気のコーナーでした。上手く釣り上げたら大喜びでした。
「リング落とし」では、水槽の中のカップにカラーリングを落とします。「そっと落としたら入るわ」と真剣に取り組んでいました。
「リング落とし」では、水槽の中のカップにカラーリングを落とします。「そっと落としたら入るわ」と真剣に取り組んでいました。
「スーパーボールすくい」では、紙が破れないように気を付けていました。1歳児も見学に来ていました。
「スーパーボールすくい」では、紙が破れないように気を付けていました。1歳児も見学に来ていました。
「手作りコマ」では自分で絵を描いたあと、みんなで回してみました。「色変わる」「「よーしスピードつけよ」と模様が変わることが面白いようでした。
「手作りコマ」では自分で絵を描いたあと、みんなで回してみました。「色変わる」「「よーしスピードつけよ」と模様が変わることが面白いようでした。
「手作りコマ」は1歳児も造りました。シールを貼って出来たら手を挙げて喜んでいました。
「手作りコマ」は1歳児も造りました。シールを貼って出来たら手を挙げて喜んでいました。
分園では、こんなコーナーもありました。0歳児はフワフワの綿で出来た綿菓子を見て喜んでいましたよ。
分園では、こんなコーナーもありました。0歳児はフワフワの綿で出来た綿菓子を見て喜んでいましたよ。

 例年であれば「とにしっこまつり」を行いますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大もあり、今年度も子どもたちだけで、「おまつりごっこ」をしました。4日間の日程でファミリーやクラスごとに、「さかなつり」「リング落とし」「スーパーボールすくい」「手作りコマつくり」のコーナーを回って楽しく遊びました。どのコーナーも2回ずつ回って最後は好きなコーナーで遊ぶというルールで実施しました。

 子どもたちは満足そうで、とても楽しい1日でした。

 

 

園のHPはこちら

2021 5歳児遠足ごっこ 【保育風景】 2021-08-04 09:25 UP!

グループで基地の設計図を描きました。相談しながらやっていくと造りたい物がどんどん膨らんできました。
グループで基地の設計図を描きました。相談しながらやっていくと造りたい物がどんどん膨らんできました。
どこに貼るか考えながらやっていきます。意見が違う時は話し合いをしました。
どこに貼るか考えながらやっていきます。意見が違う時は話し合いをしました。
上手くくっつかない時は「手伝って!」と助けてもらいました。
上手くくっつかない時は「手伝って!」と助けてもらいました。
そっと覗いてみると「かくれんぼしてるみたい」と隠れ家ようで楽しそうでしたよ。
そっと覗いてみると「かくれんぼしてるみたい」と隠れ家ようで楽しそうでしたよ。
「完成!」出来た基地でガッツポーズ。みんなニコニコでした。
「完成!」出来た基地でガッツポーズ。みんなニコニコでした。
完成した基地の中で、お弁当を食べました。普段と違う雰囲気の中でのお弁当は格別美味しかったですね。
 
完成した基地の中で、お弁当を食べました。普段と違う雰囲気の中でのお弁当は格別美味しかったですね。
 

 今年の5歳児の夏の遠足は、新型コロナウイルス感染症の影響により「遠足ごっこ」になり、7月27日に実施しました。

 厳しい暑さが続いていますので、今回は室内で基地造りをしました。前日にどんな基地にするか、相談して設計図を描いて、当日は段ボールや廃材を利用して造りました。「この紙綺麗。ここに貼っておこう」「この形面白い」「うまくくっつかない。手伝って!」とみんなで楽しみながら造り、出来上がった基地の中で美味しいお弁当を食べました。みんなニコニコで満足した子どもたちでした。

 朝早くからのお弁当作りありがとうございました。

 

園のHPはこちら

 

画用紙をくり抜いて絵の具を付けたタンポで型抜きをしてあじさいの花を描きました。形が写るとみんな嬉しそうでした。
画用紙をくり抜いて絵の具を付けたタンポで型抜きをしてあじさいの花を描きました。形が写るとみんな嬉しそうでした。
「レッツABC」でポール先生と遊びました。先生はマスクとフェイスシールドもつけていたので子どもたちはちょっと戸惑っていましたが、久しぶりで大喜びでした。
「レッツABC」でポール先生と遊びました。先生はマスクとフェイスシールドもつけていたので子どもたちはちょっと戸惑っていましたが、久しぶりで大喜びでした。
新聞紙を破るビリビリ、バシャバシャという音も面白くて、思いっきり新聞遊びを楽しみました。
新聞紙を破るビリビリ、バシャバシャという音も面白くて、思いっきり新聞遊びを楽しみました。
机上遊びで「レナモザイク」を使っています。キノコのような形でつかみにくいのですが、指先を使って上手くプレートの穴に入れています。赤、黄、青、緑と好きな色を選んでいました。
机上遊びで「レナモザイク」を使っています。キノコのような形でつかみにくいのですが、指先を使って上手くプレートの穴に入れています。赤、黄、青、緑と好きな色を選んでいました。
大型積み木を部屋中に並べたり、積み上げたりして遊ぶのを喜んでいます。並べ終わると「バスに乗って~」と歌い出していました。
大型積み木を部屋中に並べたり、積み上げたりして遊ぶのを喜んでいます。並べ終わると「バスに乗って~」と歌い出していました。
「クレパスでグルグル描くの楽しいね」と一生懸命描いています。途中で色が出なくなると、紙をはがしてまた描きだします。お絵描きは大好きです。
「クレパスでグルグル描くの楽しいね」と一生懸命描いています。途中で色が出なくなると、紙をはがしてまた描きだします。お絵描きは大好きです。

つくしファミリー

 梅雨に入って、菜園に行くと大きなあじさいがきれいに咲いていました。画用紙をくり抜いて、絵の具を付けたタンポで色を付けると、可愛い花ができます。「あじさいって小さな花が集まってるねんな」と言いながらたくさん押していました。

 久しぶりの「レッツABC」でポール先生と遊びました。残念ながらポール先生は6月までで、7月からは新しい先生のペイズリー・クーパー先生が来てくれます。また楽しく過ごしたいです。

 

 

1歳児 りす組

 雨の日が多くなると、子どもたちは外遊びをして身体を動かしたくなります。そこで室内で「新聞遊び」をしました。ビリビリと破れる音や感触が楽しくてみんな大はしゃぎでした。

 最近では、机上遊びも集中して出来るようになりました。小さなピンを掴んで穴にはめ込みます。うまく入ると満足そうです。机上遊びは人数が限られているので、待っている間は、別のコーナーで絵本を見たりブロックをしたりしています。

 

分園2歳児 ばなな組

 大型積み木を積み上げたり並べたりして、みんなで力を合わせて大きな物を作るのが楽しいようです。今回は、長く並べてバスにしました。「先生も乗ってね」とクラス全員で座ってみました。「バスにゆられてゴーゴー~」と知っている歌を口ずさんでいました。

 クレパスでお絵かきをしました。「グルグル~」と言いながら大きな丸がたくさん描けました。全身を使ってのお絵かきは大好きな遊びのひとつです。

 

園のHPはこちら

2021 わくわくデイキャンプ3 【保育風景】 2021-06-19 16:50 UP!

「火の神様」の登場でキャンドルファイヤー
がはじまりました。「火って大切なんだよね」と子どもたちも言っていました。
「火の神様」の登場でキャンドルファイヤー
がはじまりました。「火って大切なんだよね」と子どもたちも言っていました。
つくしファミリーは、マジックとダンスをしました。
つくしファミリーは、マジックとダンスをしました。
すみれファミリーは手作り楽器を作って、元気に歌いました。
すみれファミリーは手作り楽器を作って、元気に歌いました。
眼鏡をかけてパワーアップ!!とても楽しそうでしたよ。
眼鏡をかけてパワーアップ!!とても楽しそうでしたよ。
さくらファミリーは、「このダンス何だ?」のクイズをしました。
さくらファミリーは、「このダンス何だ?」のクイズをしました。

 『わくわくデイキャンプ』の午後は「火の神様」が「火」の話をしてくれて、その後に「わくわくさんか」を元気に歌い、キャンドルファイヤーが始まりました。みんながファミリーごとに練習してきたスタンツを披露しました。マジック、クイズ、手作り楽器を持ってのダンスなどなど、とても楽しく、たくさん笑って過ごしましたよ。

 3時のおやつで一息入れた後、「終わりの会」で楽しかったことをお家の人の前で発表しました。発表する姿を見ると、ひと回り大きくなったと感じました。

 

 保護者の皆様には、様々なご協力をいただき、ありがとうございました。

 

園のHPはこちら

2021 わくわくデイキャンプ2 【保育風景】 2021-06-19 13:12 UP!

「せんたくごっこ」では子どもたちは洗濯物をすぐに取って干していきます。保育者は悪戦苦闘していました。
「せんたくごっこ」では子どもたちは洗濯物をすぐに取って干していきます。保育者は悪戦苦闘していました。
「おっとっとゲーム」ではウエイブバランスやペットボトルのハードルを飛び超えて競いました。終わったらメダルを貰い、嬉しそうでした。
「おっとっとゲーム」ではウエイブバランスやペットボトルのハードルを飛び超えて競いました。終わったらメダルを貰い、嬉しそうでした。
「たまいれ」は、自分の投げた球がしっかり入ったことを確認して投げていましたよ。
「たまいれ」は、自分の投げた球がしっかり入ったことを確認して投げていましたよ。
「ワッペン作り」ではパーツを並べて自分のワッペンを作りました。
「ワッペン作り」ではパーツを並べて自分のワッペンを作りました。

 『わくわくデイキャンプ』の午前中の活動が終わりました。「お楽しみタイム」は「せんたくごっこ」「おっとっとゲーム」「たまいれ」で保育者と競い合いました。ゲームに勝って見つけたお宝はみんなで自分のワッペン作りに使いましたよ。

 今はランチも終わり、係活動をしています。

 

園のHPはこちら

2021 わくわくデイキャンプ1 【保育風景】 2021-06-19 11:06 UP!

「始まりの会」で4歳児から「ランチの時に使ってね」とランチョンマットのプレゼントがされました。
「始まりの会」で4歳児から「ランチの時に使ってね」とランチョンマットのプレゼントがされました。
3歳児からは「がんばってね」と手作りのお花のプレゼントをもらいました。
3歳児からは「がんばってね」と手作りのお花のプレゼントをもらいました。
『わくわくデイキャンプ』の始まりです。「もんもんびゃっこ・しっかかもっかか・おたからまんちん」の登場に子どもたちは歓声をあげていました。
『わくわくデイキャンプ』の始まりです。「もんもんびゃっこ・しっかかもっかか・おたからまんちん」の登場に子どもたちは歓声をあげていました。

 6月18日の金曜日に『わくわくデイキャンプ』のはじまりの会をしました。4歳児からはランチョンマット、3歳児からは手作りのお花をプレゼントされてワクワクの5歳児でした。

 

 6月19日、当日はお休みの子もいましたが、元気に登園しています。

 まずはデイキャンプの話で子どもたちが好きな絵本「めっきらもっきらどおんどん」に出てくる「もんもんびゃっこ・しっかかもっかか・おたからまんちん」のおばけにふんした保育者が寸劇をして始まりましたよ。

 

 

園のHPはこちら

 

 

2021 夏の保育風景さくら・2歳児・分園 【保育風景】 2021-06-17 15:51 UP!

スポイトで絵の具を落として画板を立てると雨のようになります。自分で画板を動かして雨のリズムを作り、面白い雨の絵が出来ました。
スポイトで絵の具を落として画板を立てると雨のようになります。自分で画板を動かして雨のリズムを作り、面白い雨の絵が出来ました。
歯磨き指導を受けました。大きな歯の模型を見てビックリしていましたが、「磨き方わかったわ」と話している子どもたちでした。
歯磨き指導を受けました。大きな歯の模型を見てビックリしていましたが、「磨き方わかったわ」と話している子どもたちでした。
「ボールゲーム開始」と保育者が言うと「えい!」と力を入れて投げていました。遠くに投げたり保育者に投げたりとっても楽しそうでした。
「ボールゲーム開始」と保育者が言うと「えい!」と力を入れて投げていました。遠くに投げたり保育者に投げたりとっても楽しそうでした。
園内散歩で2階の保育室を見学。憧れの2階のお部屋の様子をみて「じょうずに歌ってる」と感心していました。2階の生活の様子を少しずつ見学しながら大きくなることを楽しみにしています。
園内散歩で2階の保育室を見学。憧れの2階のお部屋の様子をみて「じょうずに歌ってる」と感心していました。2階の生活の様子を少しずつ見学しながら大きくなることを楽しみにしています。
イチゴの収穫では「やさしくしてね」と保育者に言われても、力が入ってしまいギュッと握ってしまいます。でも、甘いいい匂いがして子どもたちはニコニコでした。
イチゴの収穫では「やさしくしてね」と保育者に言われても、力が入ってしまいギュッと握ってしまいます。でも、甘いいい匂いがして子どもたちはニコニコでした。
みかんの葉についていた蝶の卵を育てています。青虫がどこに居るか見てわかるようになると指差しして教えてくれます。とても大切に育てている子どもたちです。
みかんの葉についていた蝶の卵を育てています。青虫がどこに居るか見てわかるようになると指差しして教えてくれます。とても大切に育てている子どもたちです。

さくらファミリー

 梅雨に入り、雨の日も多くなりました。傘をさしたり、長靴を履いたりして園児は登園しています。「雨の中傘をさして、長靴履いてお外行きたいな」「傘さすとパラパラって音するねん」と雨の日を楽しみにしている子どもたちと雨の絵を描きました。

 6月4日は「虫歯予防デー」ですが、みんなで集まらず各クラスで歯磨き指導を受けました。看護師が大きな歯の模型を使って歯磨きの仕方を話しました。「お家でやってみてね」と言われ「は~い」と元気に答えていました。

 

 

2歳児 うさぎ組

 子どもが成長し身体の機能が発達すると出来る事が増え、運動あそびが楽しく大好きになります。ボールゲームでは腕や足に力を入れて「えい!」とボールを投げ合いました。遠くに投げたり、目標物を決めて当てたりして楽しんでいます。

 雨の日には園内散歩をしています。2階の部屋まで行って「みんな何してるかな?」とファミリーの様子を見学しました。季節の歌を聞いて「元気な声だね」などと感心していました。来年は2階の部屋で過ごす事の期待に繋がればと思います。

 

 

分園

 園庭で育てたイチゴが赤くなると、子どもたちは手でギュッと握って収穫しています。握ると甘いいい匂いがしてきて子どもたちはニコニコ顔です。

 みかんの葉っぱについていた青虫を育てています。小さな卵から、黒い幼虫、そして緑の青虫になっていく様子を毎朝観察しています。「ここにいるよ」と見つけると指さしして教えてくれます。生き物の命を知るきっかけになれば良いなぁと思います。

 

園のHPはこちら