田植え体験 【もも組】 【もも組】 2019-06-13 18:45 UP!

まずは田植えのレクチャ-を受けます
まずは田植えのレクチャ-を受けます
田んぼへ到着。今日は良いお天気に恵まれました
田んぼへ到着。今日は良いお天気に恵まれました
特製ゲ-ジで稲を植え付けていきます
特製ゲ-ジで稲を植え付けていきます
苦戦していた泥田も、最後は「気持ちいい!」と言っておりました
苦戦していた泥田も、最後は「気持ちいい!」と言っておりました
卒園児ご家族の皆さん。今年も貴重な体験ありがとうございました!
卒園児ご家族の皆さん。今年も貴重な体験ありがとうございました!
ゲ-ジを手に「ソ~リャ!ソ~リャ!」・・・
ゲ-ジを手に「ソ~リャ!ソ~リャ!」・・・

昨日のじゃがいも収穫体験に続き、もも組さんは今日

食育活動の一環として田植え体験を行いました。  

卒園児ご家族のご厚意で、毎年田植えをさせていただき今年で11年目。  

日常では味わうことのない泥田の感触を、今年も体験させていただきました。 

 

昨日もそうですが、園外保育の日決めをしてからは毎日お天気が気になります。  

まだ梅雨入りしていないとはいえ、天気図では梅雨前線がしっかり確認でき、 

今週はそのまま北上しないでねと祈っていましたが、

昨日今日と見事なお天気となりました! 

 

現地到着後、まずはお母さんから田植えの説明を受け出発。 

今年は少し離れた、外環近くの内畑町まで歩いていき、いざ田んぼへ! 

「うわぁぁ!」「つめたい!」「足ぬけへん!」などと言いながら、 

お父さん特製の田植えゲ-ジを使用し、1本1本丁寧に稲を植え付け、

お尻や足がドロドロになりながらも、お父さんお母さんの指導の下

無事田植えが終了しました。  

 

これからご家族の手入れを受けながら、暑い夏を乗り越え、 

祭りの太鼓が聞こえる頃には、頭が垂れた見事なお米に成長しているはずです。  

お父さんから稲刈りのお誘いもいただいたので、運動会を頑張り

祭りでケガをせず、またみんなで稲刈りに出掛けたいと思います。  

 

卒園児ご家族の皆様、今日はこども達に貴重な体験をさせていただき

ありがとうございました。

食育活動という視点からも、大変有意義な体験をさせていただました。  

普段何気なく食べているお米ですが、今日の経験でお米を作る苦労も

少しは理解してくれたと思います。 

これからも、一粒一粒大事にお米(ごはん)をいただきたいと思います。