トップへ戻る

クリスマス会 【保育風景】 2020-12-18 16:50 UP!

0歳児つくし組
思わず泣き出してしまう子もいましたが、プレゼントを受け取り記念撮影をしました。
0歳児つくし組
思わず泣き出してしまう子もいましたが、プレゼントを受け取り記念撮影をしました。
1歳児れんげ組・つくし組
サンタさんが登場した瞬間です!一人一人の素直な表情が何とも言えずかわいいです。
1歳児れんげ組・つくし組
サンタさんが登場した瞬間です!一人一人の素直な表情が何とも言えずかわいいです。
2歳児たんぽぽ組
クリスマスの手遊びやパネルシアターにくぎ付けになって楽しんでいました。
2歳児たんぽぽ組
クリスマスの手遊びやパネルシアターにくぎ付けになって楽しんでいました。
3~5歳児とんぼファミリー
「サンタさんにクリスマス会を見てもらいたいなぁ」との思いで看板を作って飾りました。作ったお面をつけてのゲーム『きっこバスケット』は見ているこちらも楽しくなるものでした。
3~5歳児とんぼファミリー
「サンタさんにクリスマス会を見てもらいたいなぁ」との思いで看板を作って飾りました。作ったお面をつけてのゲーム『きっこバスケット』は見ているこちらも楽しくなるものでした。
3~5歳児かもめファミリー
クリスマスにちなんだクイズが盛り上がっていました。この日は、ぐりとぐらの帽子もクリスマス仕様です。クイズに正解すると帽子に☆のプレゼント。「見て見て!」と大喜びでした。
3~5歳児かもめファミリー
クリスマスにちなんだクイズが盛り上がっていました。この日は、ぐりとぐらの帽子もクリスマス仕様です。クイズに正解すると帽子に☆のプレゼント。「見て見て!」と大喜びでした。
3~5歳児めだかファミリー
楽器や手作り楽器を組み合わせた合奏に合わせ、♪あわてんぼうのサンタクロース♪をうたいました。よく聞こえるようにと工夫した楽器から良い音が鳴っていましたよ。
3~5歳児めだかファミリー
楽器や手作り楽器を組み合わせた合奏に合わせ、♪あわてんぼうのサンタクロース♪をうたいました。よく聞こえるようにと工夫した楽器から良い音が鳴っていましたよ。

 子ども達が楽しみにしているクリスマスが近づき、園でのクリスマス会を行いました。0~2歳児、3~5歳児それぞれの趣向を凝らした会の様子をお届けします。

 

 0~2歳児はクラスごとにランチルームに集まり、みんなで手遊びを楽しんだり、パネルシアターを見ました。最後に現れたサンタクロースにびっくり!驚きや喜び、今にも泣き出しそうな様々な表情が見られました。

 

 3~5歳児はファミリー毎に今年のクリスマス会を計画・準備をしました。各ファミリーの保育室は毎日少しずつ、クリスマスの雰囲気に彩られていきましたよ。

 

 とんぼファミリーは親しんでいる絵本にちなんで『きっこのクリスマス会』と題して、歌やゲーム遊びなどを。かもめファミリーはぐりとぐらチームに分かれて劇や手品・クイズなどを。めだかファミリーも2グループに分かれて合奏とダンスの出し物を発表したり、クリスマスバスケットを。どのファミリーも盛り沢山の内容で賑わっていました。

 

 そして各保育室にサンタクロースが来た瞬間、大きな歓声が沸き、一人ずつプレゼントをもらって大喜び!中身が気になるけれど、お家に帰ってからのお楽しみです。サンタさんとお別れした後、ふいに聞こえた鈴の音に「次は小学校に行くのかな?」と呟く子がいて、思わず笑みがこぼれました。

おもちつきの会 【保育風景】 2020-12-16 15:01 UP!

 
 
 

 12月11日におもちつきの会を行いました。

今年度は例年のように、蒸したおこわをついて餅にする体験はできませんでしたが、ファミリー・クラスごとに'おもちつきをする意味'や'おもちは何からできているか'などのおもちつきにまつわる話を聞いたり、'うるち米ともち米の違い'や'杵と臼・蒸し器'を間近で見たりしました。会が終わった後に早速遊びの中でおもちつきごっこをしたり、振り返って話をするなど興味関心が広がっている様子がうかがえました。各保育室からは「も~ちつきぺったんこ~」と、♪もちつき♪をうたう元気な歌声も聞こえてきました。

 そして、この日の2~5歳児のおやつは『磯部焼き』。おもちを食べる時の約束事を思い出しながら、しっかりとよく噛んで美味しくいただきましたよ。

 

 明日は冬の大きなお楽しみ!クリスマス会です☆

0~2歳児は、クリスマスにちなんだ手遊びをしたり、保育者によるパネルシアターを見ます。

3~5歳児は、各ファミリーごとにどんなクリスマス会にしようか?と話し合い、準備をすすめています。きっと、大いに盛り上がることでしょう。

絵本の広場 【保育風景】 2020-12-07 15:52 UP!

 
 
 
 
 
 
 
 

 地域で長年絵本の読み聞かせをされていた方より、この度園にたくさんの絵本を寄贈していただきました。

 その絵本を主に、遊戯室やランチルームに並べ、子ども達が好きな絵本を手にとり、思い思いに読んで過ごす『絵本の広場』を開催しました。

 

 ずらりと並んだ絵本を目の前にすると、わくわくそわそわ・・・早く選びたくて仕方ない様子の子ども達。自由に選んだ絵本を一人でじっくりと読んだり、友達と一緒に話しながら読んだりと楽しい時間を過ごしました。

 

 このようにいつも地域の方々に温かく見守っていただいていることに感謝申し上げます。

『ありがとうございました』

 

 

 

子どもの育ち応援講演会 【お知らせ】 2020-11-19 10:20 UP!

 

 堺市南区主催による『南区子どもの育ち応援講演会』がオンライン開催されます。録画配信期間もありますので、ぜひご活用ください。

 

申込URLはこちらです

https://www.city.sakai.lg.jp/shievent/kosodate/df_fme_70201020103255297.html

 

秋の保育風景 【保育風景】 2020-11-16 11:32 UP!

<0,1歳児つくし組>
ブロッコリーの栽培をはじめました。トマトを育てた経験から水やりの仕方を覚えた子ども達は今回も関心を寄せてお世話をしています。毎日どんどん葉っぱが大きくなっていますよ!
<0,1歳児つくし組>
ブロッコリーの栽培をはじめました。トマトを育てた経験から水やりの仕方を覚えた子ども達は今回も関心を寄せてお世話をしています。毎日どんどん葉っぱが大きくなっていますよ!
<1歳児れんげ組・つくし組>
つくし組の1歳児と一緒に過ごしていくうちに、お互いに『お友達』の意識が芽生えています。遊びの中でも自然と寄り添って、同じ遊びやおしゃべりを楽しむ姿が見られます。
<1歳児れんげ組・つくし組>
つくし組の1歳児と一緒に過ごしていくうちに、お互いに『お友達』の意識が芽生えています。遊びの中でも自然と寄り添って、同じ遊びやおしゃべりを楽しむ姿が見られます。
<2歳児たんぽぽ組>
秋の味覚キノコの香りを嗅ぎました。嗅ぎながらよく観察もし、「下の方が白い!」「ヒラヒラしてる」と感想を話していました。その日の昼食に出ると喜び、食が進みましたね。
<2歳児たんぽぽ組>
秋の味覚キノコの香りを嗅ぎました。嗅ぎながらよく観察もし、「下の方が白い!」「ヒラヒラしてる」と感想を話していました。その日の昼食に出ると喜び、食が進みましたね。
<とんぼファミリー>
園庭デーで秋の草花遊び。探求心を持って、どんどん遊びの中に取り入れていました。オヒシバでは相撲遊び。どの遊びからも自然に親しみ、生き生きと楽しむ姿が見られました。
<とんぼファミリー>
園庭デーで秋の草花遊び。探求心を持って、どんどん遊びの中に取り入れていました。オヒシバでは相撲遊び。どの遊びからも自然に親しみ、生き生きと楽しむ姿が見られました。
<かもめファミリー>
絵本『ぐりとぐら』の世界に夢中で、様々な表現や素材での楽しいカステラ作り。カプラで作ったフライパンが壊れやすいことに気付き、次は段ボールで壊れないように!と新たに作っています。
<かもめファミリー>
絵本『ぐりとぐら』の世界に夢中で、様々な表現や素材での楽しいカステラ作り。カプラで作ったフライパンが壊れやすいことに気付き、次は段ボールで壊れないように!と新たに作っています。
<めだかファミリー>
『でたっ かっぱおやじ』のお話のかっぱになりきって過ごしていると次々に不思議な出来事が!かっぱから手紙が届くと、わくわくして目が輝き、さらに絵本の世界の遊びへと発展しています。
<めだかファミリー>
『でたっ かっぱおやじ』のお話のかっぱになりきって過ごしていると次々に不思議な出来事が!かっぱから手紙が届くと、わくわくして目が輝き、さらに絵本の世界の遊びへと発展しています。

日差しや肌で感じる気温で、日ごとに秋の深まりを感じます。同時に秋の自然豊かな園庭やファミリー・クラス内での子ども達一人一人の遊びや経験も毎日どんどん広がりを見せ、成長がうかがえます。

 

 

 コロナ禍において、行事は変更せざるを得ない状況ではありますが、子ども達は園内でのびのびと過ごす様子は変わらず、遊びや経験を日々重ねています。

台風接近について 【お知らせ】 2020-10-09 15:38 UP!

保護者の皆様へ

 台風14号が接近しています。現時点の気象庁の進路予測によりますと、10月10日(土)早朝、『暴風警報・大雨特別警報・暴風特別警報』、『避難準備・高齢者避難開始』発令の可能性がありますので、今後の天気予報やよい子ネットの情報配信にご注意下さい。
また、午前7時現在、『暴風警報・大雨特別警報・暴風特別警報』、『避難準備・高齢者避難開始』が発令されている場合は休園となり、午前9時までに警報が解除されない場合は終日休園となりますので、7日に配布しました資料と入園のしおり等も合わせてご確認下さい。

収穫祭 【保育風景】 2020-10-06 16:10 UP!

 低年齢児は、保育室で過ごしているようなゆったりとした雰囲気の中で、パネルシアターに貼られていく野菜の絵にくぎ付けになって観た後、『おいもゴロゴロ』と『やきいもグーチーパー』の手遊びを楽しみました。
 低年齢児は、保育室で過ごしているようなゆったりとした雰囲気の中で、パネルシアターに貼られていく野菜の絵にくぎ付けになって観た後、『おいもゴロゴロ』と『やきいもグーチーパー』の手遊びを楽しみました。
 先月、近隣の畑で収穫したお芋を手に取り、じっくりと見ると「おいも!おいも!」と大喜び!両手で大きなお芋を抱えると、たちまち笑顔になっていました。
 先月、近隣の畑で収穫したお芋を手に取り、じっくりと見ると「おいも!おいも!」と大喜び!両手で大きなお芋を抱えると、たちまち笑顔になっていました。
 「お芋のツルの長さはどれでしょう?」と実際のツルに見立てて長さ比べクイズ。下の一番長い7メートルが正解!と分かると、「えぇーー!」と驚きの声があがっていましたよ。
 「お芋のツルの長さはどれでしょう?」と実際のツルに見立てて長さ比べクイズ。下の一番長い7メートルが正解!と分かると、「えぇーー!」と驚きの声があがっていましたよ。
 秋に収穫できる野菜クイズでは、これまでの経験から「人参は冬!」「きゅうりは夏!」と次々に答えており、実体験を積み重ねて知識の一つとなっている様子がうかがえました。
 秋に収穫できる野菜クイズでは、これまでの経験から「人参は冬!」「きゅうりは夏!」と次々に答えており、実体験を積み重ねて知識の一つとなっている様子がうかがえました。

 秋の実りに感謝して、美味しく頂こうと収穫祭を行いました。

今年は各年齢・ファミリーごとに、年齢に沿った内容のお話を聞いたり、歌ったり、秋に収穫できるもの・できないものクイズ、芋のツルの長さクイズをして楽しみました。

 

 今日のおやつは、ふかし芋。「美味しくってほっぺが溶けそう~!」「甘くてとろけるー」と、美味しさを伝え合いながら食べていましたよ。

 『スタンプはここで押すよ』とひまわり組の子ども達に手取り足取り教えてもらい、小さな友達も安心した表情を見せています。
 『スタンプはここで押すよ』とひまわり組の子ども達に手取り足取り教えてもらい、小さな友達も安心した表情を見せています。
 「的入れコーナー」はボールを大きくし、投げやすくしました。少々投げる線を出てしまっても、上手く入るとタンバリンは鳴り響いてました。
 「的入れコーナー」はボールを大きくし、投げやすくしました。少々投げる線を出てしまっても、上手く入るとタンバリンは鳴り響いてました。
 「ボーリングコーナー」は「箱積みコーナー」に変わり、四角の箱をどれだけ詰めるか楽しみます。そっと置き高く積めるように、ひまわり組の子ども達も慎重に応援していました。
 「ボーリングコーナー」は「箱積みコーナー」に変わり、四角の箱をどれだけ詰めるか楽しみます。そっと置き高く積めるように、ひまわり組の子ども達も慎重に応援していました。
 「おはじき落としコーナー」は「絵合わせコーナー」に変更。ひまわり組さんが示す動物カードと同じカードを探せるかな。担当の友達が探せるように、ひまわり組の子ども達にも力が入ります。
 「おはじき落としコーナー」は「絵合わせコーナー」に変更。ひまわり組さんが示す動物カードと同じカードを探せるかな。担当の友達が探せるように、ひまわり組の子ども達にも力が入ります。
 「デザインコーナー」は「お絵描きコーナー」になり、好きな色の動物型を選び、模様を描いたりシールを貼って仕上げます。『これにする?』『手伝ってあげるね』と何とか気持ちを伝えようと試行錯誤です。
 「デザインコーナー」は「お絵描きコーナー」になり、好きな色の動物型を選び、模様を描いたりシールを貼って仕上げます。『これにする?』『手伝ってあげるね』と何とか気持ちを伝えようと試行錯誤です。
 盆踊りは「じゃぶじゃぶ音頭」可愛く手拍子をする小さな友達に、和やかな雰囲気が漂い、みんなが笑顔の時間になりました。
 盆踊りは「じゃぶじゃぶ音頭」可愛く手拍子をする小さな友達に、和やかな雰囲気が漂い、みんなが笑顔の時間になりました。

 『夏まつりごっこ』四日目はたんぽぽ組、最終日五日目はれんげ組とつくし組1歳児の参加でした。普段一緒に過ごしていない小さな友達を招待する事で、ひまわり組の子ども達は『ちょっと緊張する』『ちゃんとお世話できるかな』とちょっぴり心配顔。でも遊戯室に小さなお客様がやってくると『○○ちゃーん』と自分の担当の友達を見つけて手を振り、笑顔を見せていました。小さな友達でも楽しめるように、コーナーの内容を変え、どういう遊び方をするのか分かるように一生懸命伝えようと、ひまわり組の子ども達は姿勢を低くして寄り添う姿が見られました。たんぽぽ組・れんげ組・つくし組1歳児の子ども達も頼りになるお兄さん・お姉さんにすっかり安心して楽しむ事ができ、5日間の『夏まつりごっこ』を無事に終える事ができました。

 『ようこそ!夏まつりごっこへ』とお客様を迎えたひまわり組の子ども達は、声を揃えて挨拶をし、4つのコーナー遊びを紹介しました。
 『ようこそ!夏まつりごっこへ』とお客様を迎えたひまわり組の子ども達は、声を揃えて挨拶をし、4つのコーナー遊びを紹介しました。
 担当の友達の為に心を込めて名前や模様を書いて作った「スタンプカード」を首にかけてあげると、あじさい組・こすもす組の子ども達も嬉しそうに見つめ期待が高まった様子でした。
 担当の友達の為に心を込めて名前や模様を書いて作った「スタンプカード」を首にかけてあげると、あじさい組・こすもす組の子ども達も嬉しそうに見つめ期待が高まった様子でした。
 『どのコーナーから遊ぶ?』と優しく聞き、手を繋いでコーナーへ向かいます。いつもファミリーで過ごしている時にも増して頼もしく感じられました。
 『どのコーナーから遊ぶ?』と優しく聞き、手を繋いでコーナーへ向かいます。いつもファミリーで過ごしている時にも増して頼もしく感じられました。
 まずは受付でスタンプを押してもらい順番を待ちます。『ここで待ってくださいね』とスタンプ係の子どもは案内をしていました。
 まずは受付でスタンプを押してもらい順番を待ちます。『ここで待ってくださいね』とスタンプ係の子どもは案内をしていました。
 「おはじきおとしコーナー」では『ここに入れるんやで』と遊び方を知らせ、上手くいくと鈴を鳴らして共に喜び合っていました。
 「おはじきおとしコーナー」では『ここに入れるんやで』と遊び方を知らせ、上手くいくと鈴を鳴らして共に喜び合っていました。
 「的入れコーナー」では、投げる位置を相談しながらルールを説明し、励ましたり、的にボールが入るとタンバリンを叩いて喜んだりしました。
 「的入れコーナー」では、投げる位置を相談しながらルールを説明し、励ましたり、的にボールが入るとタンバリンを叩いて喜んだりしました。
 「デザインあそびコーナー」では『何色にする?何描く?』というひまわり組さんの問いかけに『○色にする』と答え、隣で寄り添ってくれる存在に自信を持ってうちわ作りが出来たようです。
 「デザインあそびコーナー」では『何色にする?何描く?』というひまわり組さんの問いかけに『○色にする』と答え、隣で寄り添ってくれる存在に自信を持ってうちわ作りが出来たようです。
 「ボーリングコーナー」では、『ここから投げる?』『ペットボトルを倒してくださーい』とひまわり組さんに見守られながら、ボールを転がしていました。倒れたピンは次のお客様の為に急いで元に戻しています。
 「ボーリングコーナー」では、『ここから投げる?』『ペットボトルを倒してくださーい』とひまわり組さんに見守られながら、ボールを転がしていました。倒れたピンは次のお客様の為に急いで元に戻しています。
 盆踊りは「夏だよ!ドドンと音頭だよ」「じゃぶじゃぶ音頭」の2曲を踊りました。身体を大きく動かして、覚えた振り付けを堂々と踊り楽しんでいました。
 盆踊りは「夏だよ!ドドンと音頭だよ」「じゃぶじゃぶ音頭」の2曲を踊りました。身体を大きく動かして、覚えた振り付けを堂々と踊り楽しんでいました。

 ひまわり組がお店係と案内係となる『夏まつりごっこ』。二日目はあじさい組、三日目はこすもす組の子ども達を招待して行いました。それぞれ2つのグループに分かれ1グループずつ遊戯室にやってきました。ひまわり組の子ども達は少々緊張の面持ちながら笑顔で迎え、挨拶をしてからコーナー遊びの紹介をし、担当の友達の為に作った「スタンプカード」を渡してスタートです。ひまわり組は今までの準備活動を活かして、『いらっしゃいませー』と呼びかけ、お客様が楽しめるようと張り切って進めていましたよ。合間に盆踊りをして次のグループも同じように参加しました。あじさい組・こすもす組の子ども達は『楽しかったなあ』ひまわり組の子ども達は『喜んでいる友達を見て嬉しかった』とお互いが楽しさを実感できる時間となったようです。

夏まつりごっこ 【保育風景】 2020-08-25 12:26 UP!

 「おはじき落とし」コーナーでは、水を張った水槽の中にあるカップに狙いを定め、おはじきをそっと落とします。見事入った時には、鈴を鳴らし、可愛い音が響きます。
 「おはじき落とし」コーナーでは、水を張った水槽の中にあるカップに狙いを定め、おはじきをそっと落とします。見事入った時には、鈴を鳴らし、可愛い音が響きます。
 「的入れ」コーナーです。動物の口の中に投げたボールが入れば成功です。1・2歳児は大きなボール、3~5歳児は小さなボールを使います。『小さい子はもっと近くから入れる事にしよう』と考えました。
 「的入れ」コーナーです。動物の口の中に投げたボールが入れば成功です。1・2歳児は大きなボール、3~5歳児は小さなボールを使います。『小さい子はもっと近くから入れる事にしよう』と考えました。
 「デザインあそび」コーナーではボール紙のうちわに、マジックで好きな模様や絵を描きオリジナルのうちわを作ります。1・2歳児は動物型に顔や模様を付けますよ。
 「デザインあそび」コーナーではボール紙のうちわに、マジックで好きな模様や絵を描きオリジナルのうちわを作ります。1・2歳児は動物型に顔や模様を付けますよ。
 「ボーリング」コーナーです。ボールを転がし、先のペットボトルのピンを狙います。何本倒すことが出来るか!『ボールの力が弱いと倒されへんなー』と悩みも出てきたようです。
 「ボーリング」コーナーです。ボールを転がし、先のペットボトルのピンを狙います。何本倒すことが出来るか!『ボールの力が弱いと倒されへんなー』と悩みも出てきたようです。

 24日(月)から『夏まつりごっこ』が始まりました。例年はお家の方々、卒園児、地域の方々と一緒に賑やかに楽しんで頂いていた『夏まつり』ですが、今年度はコロナ禍に於いて中止を余儀なくされる中、何とか子ども達が楽しめる活動を、と5歳児が中心となって行う『夏まつりごっこ』が実現しました。5歳児は『ひまわりスペシャルデー』で培った〝友達と力を合わせて協力して成し遂げる”という力を活かし『年下の友達に楽しんでもらえるようにする!!』と意気込んで取り組み始めました。

 〝どんな役割が必要か”〝歳児別にルールを決めた方がいい”と実際に自分達でやってみたり何度も話し合ったりしながら、みんなに喜んでもらいたいという気持ちで『夏まつりごっこ』の準備を進めてきました。

 まずはひまわり組からスタートです。ひまわり組の子ども達が交替で、お世話をする人、遊びを楽しむ人に分かれ過ごしました。そこでまた更に改善点が見つかり、翌日からの年下の子ども達を招待しての『夏まつりごっこ』の運営に向けて、準備は万端です!!