こもはずし 【保育風景】 2019-03-23 18:25 UP!

木の幹から「こも」を慎重にはずします。「虫、いるかなあ」と覗き込んでいます。
木の幹から「こも」を慎重にはずします。「虫、いるかなあ」と覗き込んでいます。
「こも」をはずすと「あっ虫おった!」と声があがりました。こもをゆっくりそっと運ぶことを、伝え合っていました。
「こも」をはずすと「あっ虫おった!」と声があがりました。こもをゆっくりそっと運ぶことを、伝え合っていました。
ブルーシートの上でとんとんとん、と揺らすと、中に隠れていた小さな虫たちが出てきました。「出てきた!」と子ども達からも歓声があがりました。
ブルーシートの上でとんとんとん、と揺らすと、中に隠れていた小さな虫たちが出てきました。「出てきた!」と子ども達からも歓声があがりました。
「いた、いたダンゴムシ」「カメムシもいた」「小さい虫、いっぱいいてるなあ」ととても小さな虫たちを食い入るように見て、探し出していました。
「いた、いたダンゴムシ」「カメムシもいた」「小さい虫、いっぱいいてるなあ」ととても小さな虫たちを食い入るように見て、探し出していました。
どんな虫が住んでいたか、それぞれの「こも」には違う虫がいたがどうしてその場所にいたのか、など考えを巡らせ発表し合いました。なぜか?という疑問について答えを見出そうとする力が感じられました。
どんな虫が住んでいたか、それぞれの「こも」には違う虫がいたがどうしてその場所にいたのか、など考えを巡らせ発表し合いました。なぜか?という疑問について答えを見出そうとする力が感じられました。
観察後、虫たちをどうしようかと皆で相談し、温かな草のある場所に連れて行こうと話がまとまり、虫を落とさぬよう慎重に運びましたよ。
観察後、虫たちをどうしようかと皆で相談し、温かな草のある場所に連れて行こうと話がまとまり、虫を落とさぬよう慎重に運びましたよ。
外した「こも」の中に手を入れてみると、「あったかい〜」「気持ちいい」と、虫たちが寒い冬の間過ごしていた場所に思いを寄せているようでした。
外した「こも」の中に手を入れてみると、「あったかい〜」「気持ちいい」と、虫たちが寒い冬の間過ごしていた場所に思いを寄せているようでした。
「こも」は園庭のフェンスに吊り下げました。まだ虫がいるかもしれない!また新たな虫がやってくるかも!と期待に胸が膨らむ子ども達でした。
「こも」は園庭のフェンスに吊り下げました。まだ虫がいるかもしれない!また新たな虫がやってくるかも!と期待に胸が膨らむ子ども達でした。

   “とみなみおうえんだん”で作って頂いた「こもまき機」を使って、ひまわり組の子ども達が編んだ「こも」を、園庭の木や虫たちが冬越え出来るようにと三か所に巻き付けていました。春も近付き、暖かくなってきたのでこども達と一緒に「こもはずし」をしました。 

 

 

 

防犯訓練 【保育風景】 2019-03-01 18:42 UP!

職員室に不審者が!通報をしさすまたを使って退治しました。
職員室に不審者が!通報をしさすまたを使って退治しました。

 “突如職員室に不審者が侵入”という設定で、防犯訓練を行いました。子ども達が保育室で活動中のところ、園内で共通理解している暗号を用いて、各保育室に伝え回りました。保育者は侵入者の入室を阻むよう、外側からは見えない鍵をかけたりカーテンを閉めたりしてすぐに防御。子ども達は保育者の話に耳を傾け、保育室の目立たない場所に移動して静かにしていました。いざという時に自分達はどのようにして動き、身を守るかという大切な事を、子ども達・保育者共に知る機会となりました。