台風接近について 【お知らせ】 2020-10-09 15:38 UP!

保護者の皆様へ

 台風14号が接近しています。現時点の気象庁の進路予測によりますと、10月10日(土)早朝、『暴風警報・大雨特別警報・暴風特別警報』、『避難準備・高齢者避難開始』発令の可能性がありますので、今後の天気予報やよい子ネットの情報配信にご注意下さい。
また、午前7時現在、『暴風警報・大雨特別警報・暴風特別警報』、『避難準備・高齢者避難開始』が発令されている場合は休園となり、午前9時までに警報が解除されない場合は終日休園となりますので、7日に配布しました資料と入園のしおり等も合わせてご確認下さい。

収穫祭 【保育風景】 2020-10-06 16:10 UP!

 低年齢児は、保育室で過ごしているようなゆったりとした雰囲気の中で、パネルシアターに貼られていく野菜の絵にくぎ付けになって観た後、『おいもゴロゴロ』と『やきいもグーチーパー』の手遊びを楽しみました。
 低年齢児は、保育室で過ごしているようなゆったりとした雰囲気の中で、パネルシアターに貼られていく野菜の絵にくぎ付けになって観た後、『おいもゴロゴロ』と『やきいもグーチーパー』の手遊びを楽しみました。
 先月、近隣の畑で収穫したお芋を手に取り、じっくりと見ると「おいも!おいも!」と大喜び!両手で大きなお芋を抱えると、たちまち笑顔になっていました。
 先月、近隣の畑で収穫したお芋を手に取り、じっくりと見ると「おいも!おいも!」と大喜び!両手で大きなお芋を抱えると、たちまち笑顔になっていました。
 「お芋のツルの長さはどれでしょう?」と実際のツルに見立てて長さ比べクイズ。下の一番長い7メートルが正解!と分かると、「えぇーー!」と驚きの声があがっていましたよ。
 「お芋のツルの長さはどれでしょう?」と実際のツルに見立てて長さ比べクイズ。下の一番長い7メートルが正解!と分かると、「えぇーー!」と驚きの声があがっていましたよ。
 秋に収穫できる野菜クイズでは、これまでの経験から「人参は冬!」「きゅうりは夏!」と次々に答えており、実体験を積み重ねて知識の一つとなっている様子がうかがえました。
 秋に収穫できる野菜クイズでは、これまでの経験から「人参は冬!」「きゅうりは夏!」と次々に答えており、実体験を積み重ねて知識の一つとなっている様子がうかがえました。

 秋の実りに感謝して、美味しく頂こうと収穫祭を行いました。

今年は各年齢・ファミリーごとに、年齢に沿った内容のお話を聞いたり、歌ったり、秋に収穫できるもの・できないものクイズ、芋のツルの長さクイズをして楽しみました。

 

 今日のおやつは、ふかし芋。「美味しくってほっぺが溶けそう~!」「甘くてとろけるー」と、美味しさを伝え合いながら食べていましたよ。

 『スタンプはここで押すよ』とひまわり組の子ども達に手取り足取り教えてもらい、小さな友達も安心した表情を見せています。
 『スタンプはここで押すよ』とひまわり組の子ども達に手取り足取り教えてもらい、小さな友達も安心した表情を見せています。
 「的入れコーナー」はボールを大きくし、投げやすくしました。少々投げる線を出てしまっても、上手く入るとタンバリンは鳴り響いてました。
 「的入れコーナー」はボールを大きくし、投げやすくしました。少々投げる線を出てしまっても、上手く入るとタンバリンは鳴り響いてました。
 「ボーリングコーナー」は「箱積みコーナー」に変わり、四角の箱をどれだけ詰めるか楽しみます。そっと置き高く積めるように、ひまわり組の子ども達も慎重に応援していました。
 「ボーリングコーナー」は「箱積みコーナー」に変わり、四角の箱をどれだけ詰めるか楽しみます。そっと置き高く積めるように、ひまわり組の子ども達も慎重に応援していました。
 「おはじき落としコーナー」は「絵合わせコーナー」に変更。ひまわり組さんが示す動物カードと同じカードを探せるかな。担当の友達が探せるように、ひまわり組の子ども達にも力が入ります。
 「おはじき落としコーナー」は「絵合わせコーナー」に変更。ひまわり組さんが示す動物カードと同じカードを探せるかな。担当の友達が探せるように、ひまわり組の子ども達にも力が入ります。
 「デザインコーナー」は「お絵描きコーナー」になり、好きな色の動物型を選び、模様を描いたりシールを貼って仕上げます。『これにする?』『手伝ってあげるね』と何とか気持ちを伝えようと試行錯誤です。
 「デザインコーナー」は「お絵描きコーナー」になり、好きな色の動物型を選び、模様を描いたりシールを貼って仕上げます。『これにする?』『手伝ってあげるね』と何とか気持ちを伝えようと試行錯誤です。
 盆踊りは「じゃぶじゃぶ音頭」可愛く手拍子をする小さな友達に、和やかな雰囲気が漂い、みんなが笑顔の時間になりました。
 盆踊りは「じゃぶじゃぶ音頭」可愛く手拍子をする小さな友達に、和やかな雰囲気が漂い、みんなが笑顔の時間になりました。

 『夏まつりごっこ』四日目はたんぽぽ組、最終日五日目はれんげ組とつくし組1歳児の参加でした。普段一緒に過ごしていない小さな友達を招待する事で、ひまわり組の子ども達は『ちょっと緊張する』『ちゃんとお世話できるかな』とちょっぴり心配顔。でも遊戯室に小さなお客様がやってくると『○○ちゃーん』と自分の担当の友達を見つけて手を振り、笑顔を見せていました。小さな友達でも楽しめるように、コーナーの内容を変え、どういう遊び方をするのか分かるように一生懸命伝えようと、ひまわり組の子ども達は姿勢を低くして寄り添う姿が見られました。たんぽぽ組・れんげ組・つくし組1歳児の子ども達も頼りになるお兄さん・お姉さんにすっかり安心して楽しむ事ができ、5日間の『夏まつりごっこ』を無事に終える事ができました。

 『ようこそ!夏まつりごっこへ』とお客様を迎えたひまわり組の子ども達は、声を揃えて挨拶をし、4つのコーナー遊びを紹介しました。
 『ようこそ!夏まつりごっこへ』とお客様を迎えたひまわり組の子ども達は、声を揃えて挨拶をし、4つのコーナー遊びを紹介しました。
 担当の友達の為に心を込めて名前や模様を書いて作った「スタンプカード」を首にかけてあげると、あじさい組・こすもす組の子ども達も嬉しそうに見つめ期待が高まった様子でした。
 担当の友達の為に心を込めて名前や模様を書いて作った「スタンプカード」を首にかけてあげると、あじさい組・こすもす組の子ども達も嬉しそうに見つめ期待が高まった様子でした。
 『どのコーナーから遊ぶ?』と優しく聞き、手を繋いでコーナーへ向かいます。いつもファミリーで過ごしている時にも増して頼もしく感じられました。
 『どのコーナーから遊ぶ?』と優しく聞き、手を繋いでコーナーへ向かいます。いつもファミリーで過ごしている時にも増して頼もしく感じられました。
 まずは受付でスタンプを押してもらい順番を待ちます。『ここで待ってくださいね』とスタンプ係の子どもは案内をしていました。
 まずは受付でスタンプを押してもらい順番を待ちます。『ここで待ってくださいね』とスタンプ係の子どもは案内をしていました。
 「おはじきおとしコーナー」では『ここに入れるんやで』と遊び方を知らせ、上手くいくと鈴を鳴らして共に喜び合っていました。
 「おはじきおとしコーナー」では『ここに入れるんやで』と遊び方を知らせ、上手くいくと鈴を鳴らして共に喜び合っていました。
 「的入れコーナー」では、投げる位置を相談しながらルールを説明し、励ましたり、的にボールが入るとタンバリンを叩いて喜んだりしました。
 「的入れコーナー」では、投げる位置を相談しながらルールを説明し、励ましたり、的にボールが入るとタンバリンを叩いて喜んだりしました。
 「デザインあそびコーナー」では『何色にする?何描く?』というひまわり組さんの問いかけに『○色にする』と答え、隣で寄り添ってくれる存在に自信を持ってうちわ作りが出来たようです。
 「デザインあそびコーナー」では『何色にする?何描く?』というひまわり組さんの問いかけに『○色にする』と答え、隣で寄り添ってくれる存在に自信を持ってうちわ作りが出来たようです。
 「ボーリングコーナー」では、『ここから投げる?』『ペットボトルを倒してくださーい』とひまわり組さんに見守られながら、ボールを転がしていました。倒れたピンは次のお客様の為に急いで元に戻しています。
 「ボーリングコーナー」では、『ここから投げる?』『ペットボトルを倒してくださーい』とひまわり組さんに見守られながら、ボールを転がしていました。倒れたピンは次のお客様の為に急いで元に戻しています。
 盆踊りは「夏だよ!ドドンと音頭だよ」「じゃぶじゃぶ音頭」の2曲を踊りました。身体を大きく動かして、覚えた振り付けを堂々と踊り楽しんでいました。
 盆踊りは「夏だよ!ドドンと音頭だよ」「じゃぶじゃぶ音頭」の2曲を踊りました。身体を大きく動かして、覚えた振り付けを堂々と踊り楽しんでいました。

 ひまわり組がお店係と案内係となる『夏まつりごっこ』。二日目はあじさい組、三日目はこすもす組の子ども達を招待して行いました。それぞれ2つのグループに分かれ1グループずつ遊戯室にやってきました。ひまわり組の子ども達は少々緊張の面持ちながら笑顔で迎え、挨拶をしてからコーナー遊びの紹介をし、担当の友達の為に作った「スタンプカード」を渡してスタートです。ひまわり組は今までの準備活動を活かして、『いらっしゃいませー』と呼びかけ、お客様が楽しめるようと張り切って進めていましたよ。合間に盆踊りをして次のグループも同じように参加しました。あじさい組・こすもす組の子ども達は『楽しかったなあ』ひまわり組の子ども達は『喜んでいる友達を見て嬉しかった』とお互いが楽しさを実感できる時間となったようです。

夏まつりごっこ 【保育風景】 2020-08-25 12:26 UP!

 「おはじき落とし」コーナーでは、水を張った水槽の中にあるカップに狙いを定め、おはじきをそっと落とします。見事入った時には、鈴を鳴らし、可愛い音が響きます。
 「おはじき落とし」コーナーでは、水を張った水槽の中にあるカップに狙いを定め、おはじきをそっと落とします。見事入った時には、鈴を鳴らし、可愛い音が響きます。
 「的入れ」コーナーです。動物の口の中に投げたボールが入れば成功です。1・2歳児は大きなボール、3~5歳児は小さなボールを使います。『小さい子はもっと近くから入れる事にしよう』と考えました。
 「的入れ」コーナーです。動物の口の中に投げたボールが入れば成功です。1・2歳児は大きなボール、3~5歳児は小さなボールを使います。『小さい子はもっと近くから入れる事にしよう』と考えました。
 「デザインあそび」コーナーではボール紙のうちわに、マジックで好きな模様や絵を描きオリジナルのうちわを作ります。1・2歳児は動物型に顔や模様を付けますよ。
 「デザインあそび」コーナーではボール紙のうちわに、マジックで好きな模様や絵を描きオリジナルのうちわを作ります。1・2歳児は動物型に顔や模様を付けますよ。
 「ボーリング」コーナーです。ボールを転がし、先のペットボトルのピンを狙います。何本倒すことが出来るか!『ボールの力が弱いと倒されへんなー』と悩みも出てきたようです。
 「ボーリング」コーナーです。ボールを転がし、先のペットボトルのピンを狙います。何本倒すことが出来るか!『ボールの力が弱いと倒されへんなー』と悩みも出てきたようです。

 24日(月)から『夏まつりごっこ』が始まりました。例年はお家の方々、卒園児、地域の方々と一緒に賑やかに楽しんで頂いていた『夏まつり』ですが、今年度はコロナ禍に於いて中止を余儀なくされる中、何とか子ども達が楽しめる活動を、と5歳児が中心となって行う『夏まつりごっこ』が実現しました。5歳児は『ひまわりスペシャルデー』で培った〝友達と力を合わせて協力して成し遂げる”という力を活かし『年下の友達に楽しんでもらえるようにする!!』と意気込んで取り組み始めました。

 〝どんな役割が必要か”〝歳児別にルールを決めた方がいい”と実際に自分達でやってみたり何度も話し合ったりしながら、みんなに喜んでもらいたいという気持ちで『夏まつりごっこ』の準備を進めてきました。

 まずはひまわり組からスタートです。ひまわり組の子ども達が交替で、お世話をする人、遊びを楽しむ人に分かれ過ごしました。そこでまた更に改善点が見つかり、翌日からの年下の子ども達を招待しての『夏まつりごっこ』の運営に向けて、準備は万端です!!

 

ひまわりスペシャルデー速報最終号 【保育風景】 2020-08-01 17:05 UP!

まず、各グループからクイズを出しました。ヒントの絵と言葉を伝え、他のグループの子ども達が答えました。
まず、各グループからクイズを出しました。ヒントの絵と言葉を伝え、他のグループの子ども達が答えました。
クイズの後は、「へなそうるに見せたいこと」の発表です。へなそうるグループは’もりのへなそうる’のお話を手作りの紙芝居にして発表しました。
クイズの後は、「へなそうるに見せたいこと」の発表です。へなそうるグループは’もりのへなそうる’のお話を手作りの紙芝居にして発表しました。
りんごグループは’ありがとうの花’を歌と合奏で発表しました。最後には「へなそうる、聞いてくれてありがとう!」とへなそうるに声を掛けていました。
りんごグループは’ありがとうの花’を歌と合奏で発表しました。最後には「へなそうる、聞いてくれてありがとう!」とへなそうるに声を掛けていました。
きんグループは一人一つ、手品を発表しました。「かわれ~かわれ~かわれ~」の呪文の後の巧みな手品の不思議さに子ども達からの歓声が響いていました。
きんグループは一人一つ、手品を発表しました。「かわれ~かわれ~かわれ~」の呪文の後の巧みな手品の不思議さに子ども達からの歓声が響いていました。
いちごグループは’虹のむこうに’を歌とダンスで発表しました。自分達で歌詞に合う振りを考えて踊り、見ていた子ども達から「楽しそうにみえた!」「素敵だった!へなそうるも泣いてるー!」との声があがりました。
いちごグループは’虹のむこうに’を歌とダンスで発表しました。自分達で歌詞に合う振りを考えて踊り、見ていた子ども達から「楽しそうにみえた!」「素敵だった!へなそうるも泣いてるー!」との声があがりました。
最後はみんなで歌’なかま’をうたいました。気持ちがぎゅっと一つになり、とても素敵な歌声でしたよ。
最後はみんなで歌’なかま’をうたいました。気持ちがぎゅっと一つになり、とても素敵な歌声でしたよ。
みんなのスタンツは大成功!今日のおやつはへなそうるの大好きなドーナツとスイカです。「へなそうるも食べてたドーナツと一緒!」とみんな笑顔で頬張っていました。
みんなのスタンツは大成功!今日のおやつはへなそうるの大好きなドーナツとスイカです。「へなそうるも食べてたドーナツと一緒!」とみんな笑顔で頬張っていました。
楽しい時間はあっという間に過ぎ、おわりの会の時間に。お迎えに来られた保護者の方々の前で’楽しかったこと’を発表して終えました。最初から最後まで生き生きと心から楽しむ姿が印象に残るスペシャルデーでした!
楽しい時間はあっという間に過ぎ、おわりの会の時間に。お迎えに来られた保護者の方々の前で’楽しかったこと’を発表して終えました。最初から最後まで生き生きと心から楽しむ姿が印象に残るスペシャルデーでした!

 森でたっぷり遊んだ後は、’なんでしょう?ゲーム’と、今日一緒に遊んでくれたへなそうるへのプレゼントとして’スタンツ’を披露しました。

グループごとの発表が終わると「なんか涙が出そうやった」と、心を込めて届けた子ども達の思いがうかがえました。

 

ひまわりスペシャルデー速報6 【保育風景】 2020-08-01 15:09 UP!

午後からは森へ遊びに行こう!の続きです。
午後からは森へ遊びに行こう!の続きです。
カニ釣りをしたり、
カニ釣りをしたり、
サーキット遊びを楽しみました。
サーキット遊びを楽しみました。
サーキットの中でも、へなそうるの側を通る時はみんなとても嬉しそうです。
サーキットの中でも、へなそうるの側を通る時はみんなとても嬉しそうです。

 

 

ひまわりスペシャルデー速報5 【保育風景】 2020-08-01 14:52 UP!

食べ物探しが終わる頃には子ども達のお腹もぺこぺこ。シャワーを浴びて、昼食です。
食べ物探しが終わる頃には子ども達のお腹もぺこぺこ。シャワーを浴びて、昼食です。
今日のメニューには菜園で収穫したじゃが芋や玉ねぎがたっぷり。そして園庭の梅の実で作った梅ジュースも!絵本と同じおにぎりに大喜びでした。
今日のメニューには菜園で収穫したじゃが芋や玉ねぎがたっぷり。そして園庭の梅の実で作った梅ジュースも!絵本と同じおにぎりに大喜びでした。

 

  

ひまわりスペシャルデー速報4 【保育風景】 2020-08-01 14:45 UP!

手紙には「みんなのたのしいこえがきこえてきたよ。きょうはいっしょにあそびたいな。ぼくのすきなたべものをさがしてきてね。」と書いてありました。
手紙には「みんなのたのしいこえがきこえてきたよ。きょうはいっしょにあそびたいな。ぼくのすきなたべものをさがしてきてね。」と書いてありました。
ヒントを元に’たべものさがし’を始めます。
ヒントを元に’たべものさがし’を始めます。
「これはどこかな」「こっちじゃない?」と意見を出し合いながらすすみます。
「これはどこかな」「こっちじゃない?」と意見を出し合いながらすすみます。
チューインガム!
チューインガム!
サンドイッチ!
サンドイッチ!
ドーナツ!
ドーナツ!
おにぎり!
おにぎり!
それぞれ、へなそうるの好きな食べ物を見つけ、届けることができました。
それぞれ、へなそうるの好きな食べ物を見つけ、届けることができました。

 

 

ひまわりスペシャルデー速報3 【保育風景】 2020-08-01 14:15 UP!

森遊びには「リュックサックが必要!」と、へなそうるが見守る中、早速リュックサック作りが始まりました。「なんか絵本の中に入っちゃったみたい・・・」そんなかわいいつぶやきも聞こえてきました。
森遊びには「リュックサックが必要!」と、へなそうるが見守る中、早速リュックサック作りが始まりました。「なんか絵本の中に入っちゃったみたい・・・」そんなかわいいつぶやきも聞こえてきました。
リュックサックの中には何を入れようかな?「まずは水筒とお弁当」「マスクもいるな。あ、へなそうるの分も!」と思い思いに詰めたい物を思い浮かべて自由に描いていました。
リュックサックの中には何を入れようかな?「まずは水筒とお弁当」「マスクもいるな。あ、へなそうるの分も!」と思い思いに詰めたい物を思い浮かべて自由に描いていました。
リュックサック完成後、不思議な音と共に手紙が届きました。
リュックサック完成後、不思議な音と共に手紙が届きました。

 「完成したへなそうると、今日はどうしたい?」との問いに「カニ釣りしたい」「へなそうるの体の下でかくれんぼ!」「しっぽをすべり台にしてすべりたい、体に乗りたい!!」など、どんどん思いが溢れていました。今日は一緒に森遊びをすることになり、その準備にとりかかります。