トップへ戻る

  • TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  保育風景

冬の保育風景 【保育風景】 2019-02-18 12:02 UP!

つくし組 0,1歳児
同じ玩具で一緒に遊ぶ姿が見られます。「どうぞ」「ありがとう」などの仕草をしながら、友達との関わりが増えてきました。
つくし組 0,1歳児
同じ玩具で一緒に遊ぶ姿が見られます。「どうぞ」「ありがとう」などの仕草をしながら、友達との関わりが増えてきました。
れんげ組 1歳児
風のある日、ビニール袋の凧を手に園庭に出ました。ビニール袋が膨らんだり、飛んで行ってしまったり…。追いかけて走り回りぽかぽかになりました。
れんげ組 1歳児
風のある日、ビニール袋の凧を手に園庭に出ました。ビニール袋が膨らんだり、飛んで行ってしまったり…。追いかけて走り回りぽかぽかになりました。
たんぽぽ組 2歳児
外の空気の冷たさを感じながらお湯に手を付け、温かさを体感しました。温かいお湯も外に置いていると冷たい水に変わった!!など、経験を通して知識に繋がりました。
たんぽぽ組 2歳児
外の空気の冷たさを感じながらお湯に手を付け、温かさを体感しました。温かいお湯も外に置いていると冷たい水に変わった!!など、経験を通して知識に繋がりました。
とんぼファミリー3,4,5歳児
種から育てた大根が大きく育ちました。しっかり根付き、収穫には随分力が要りました。クッキングでおみそ汁の具にして食べ、大満足です。
とんぼファミリー3,4,5歳児
種から育てた大根が大きく育ちました。しっかり根付き、収穫には随分力が要りました。クッキングでおみそ汁の具にして食べ、大満足です。
かもめファミリー 3,4,5歳児
芽キャベツの芽球に十分な陽が当たって、沢山できるようにと“葉かき”をしました。そのおかげか硬く締った可愛い球が鈴なりにできました。いくつできるかな?
かもめファミリー 3,4,5歳児
芽キャベツの芽球に十分な陽が当たって、沢山できるようにと“葉かき”をしました。そのおかげか硬く締った可愛い球が鈴なりにできました。いくつできるかな?
めだかファミリー 3,4,5歳児
毎日水をやり育てている人参は、葉が広がりオレンジ色の実が見えてきました。土の中はどの位おおきくなっているのかしら?収穫の日を心待ちにしています。
めだかファミリー 3,4,5歳児
毎日水をやり育てている人参は、葉が広がりオレンジ色の実が見えてきました。土の中はどの位おおきくなっているのかしら?収穫の日を心待ちにしています。

 気温が低くなり寒さを感じる時期ではありますが、子ども達は元気で園での生活を楽しんでいます。0.1.2歳児はこの季節、友達と一緒に過ごす姿を、3.4.5歳児は育てている野菜の生長を喜ぶ姿を紹介します。

節分の会2 【保育風景】 2019-02-01 17:24 UP!

七輪で炭をいこらせ、焼き網の上に生の鰯をのせてゆっくり焼きました。
七輪で炭をいこらせ、焼き網の上に生の鰯をのせてゆっくり焼きました。
保育者に抱っこしてもらい、焼く様子を見ました。
保育者に抱っこしてもらい、焼く様子を見ました。
焼きたての鰯に顔を近づけて、くんくんと匂いを嗅いでみました。「いいにおい」「おいしそう」と興味津々です。「鬼さんはこの匂いが苦手なんだって」と言うと、子ども達は「へぇー」と不思議な面持ちでした。
焼きたての鰯に顔を近づけて、くんくんと匂いを嗅いでみました。「いいにおい」「おいしそう」と興味津々です。「鬼さんはこの匂いが苦手なんだって」と言うと、子ども達は「へぇー」と不思議な面持ちでした。
静かに耳を澄ますと、じゅじゅじゅっと聞こえてきました。匂ったり、音を聞いたり、じっと見たり…。五感を存分に使っているようでした。
静かに耳を澄ますと、じゅじゅじゅっと聞こえてきました。匂ったり、音を聞いたり、じっと見たり…。五感を存分に使っているようでした。
「この鰯の煙をかけて、心の鬼を追い払おう」と自分の体に煙を浴びようとしていました。「鰯の命を大事にいただくんやなあ」という声もあがり命を大切に思っている気持ちが伝わりました。。
「この鰯の煙をかけて、心の鬼を追い払おう」と自分の体に煙を浴びようとしていました。「鰯の命を大事にいただくんやなあ」という声もあがり命を大切に思っている気持ちが伝わりました。。
焼きたての鰯を使い早速『やいかがし』にし、各クラス・ファミリーの扉の横に貼りました。悪い鬼が入り込みませんように。
焼きたての鰯を使い早速『やいかがし』にし、各クラス・ファミリーの扉の横に貼りました。悪い鬼が入り込みませんように。
昼食のメニューは『鰯のかば焼き』。(0・1歳児はほき)「鰯」という魚を意識して美味しく食べる事が出来ました。
昼食のメニューは『鰯のかば焼き』。(0・1歳児はほき)「鰯」という魚を意識して美味しく食べる事が出来ました。

 『節分の会』終了後には、園庭に出て「やいかがし」で使う鰯を七輪で焼くところを見学しました。

節分の会1 【保育風景】 2019-02-01 17:24 UP!

全園児が揃い、『今日も元気!』と『まめまき』の歌をみんなでうたって節分の会がスタートです。
全園児が揃い、『今日も元気!』と『まめまき』の歌をみんなでうたって節分の会がスタートです。
鬼が苦手な鰯の頭を柊の葉に刺した『やいかがし』の話を聞きました。
鬼が苦手な鰯の頭を柊の葉に刺した『やいかがし』の話を聞きました。
豆腐や納豆の原料となる、強い力を持った大豆を使って豆まきをすると鬼も逃げていくというお話を聞き、みんなの心の中に住む『おこりんぼ鬼』や『泣き虫鬼』も退治するぞ!と、気持ちも高まった様子です。
豆腐や納豆の原料となる、強い力を持った大豆を使って豆まきをすると鬼も逃げていくというお話を聞き、みんなの心の中に住む『おこりんぼ鬼』や『泣き虫鬼』も退治するぞ!と、気持ちも高まった様子です。
手作りの鬼の面を被った5歳児が子ども達の前に登場し、新聞紙で作った豆で鬼退治をしました。0,1,2歳児は怖くて保育者に抱きついたり、泣きそうになる子もいて、鬼たちも優しく驚かせていましたよ。
手作りの鬼の面を被った5歳児が子ども達の前に登場し、新聞紙で作った豆で鬼退治をしました。0,1,2歳児は怖くて保育者に抱きついたり、泣きそうになる子もいて、鬼たちも優しく驚かせていましたよ。
ファミリーの保育室では、強い鬼になりきっていました。3,4歳児は「おにはそと~」と声を出し「負けないぞ」という気持ちで鬼に向かって豆まきをしました。
ファミリーの保育室では、強い鬼になりきっていました。3,4歳児は「おにはそと~」と声を出し「負けないぞ」という気持ちで鬼に向かって豆まきをしました。
3,4歳児の抗戦に、鬼たちも「まいった~!」と逃げていきました。
3,4歳児の抗戦に、鬼たちも「まいった~!」と逃げていきました。
調理室の悪い鬼も追い払うことが出来ました。園内を回った鬼たちを、豆をまいて退治し今年も皆が元気に過ごせそうです。
調理室の悪い鬼も追い払うことが出来ました。園内を回った鬼たちを、豆をまいて退治し今年も皆が元気に過ごせそうです。

 2月3日の節分に向けて、『節分の会』を行いました。節分の意味やなぜ豆をまくのか?や鬼を追い払う方法など、ペープサートを見て楽しく知ることが出来ました。

鏡開きの会 【保育風景】 2019-01-11 18:09 UP!

おせち料理には何があったかな?保育者の問いかけに「くろまめ」「だてまき」とファミリーの子ども達が中心になり発表しました。意外とよく知っている事に驚きました。
おせち料理には何があったかな?保育者の問いかけに「くろまめ」「だてまき」とファミリーの子ども達が中心になり発表しました。意外とよく知っている事に驚きました。
おせち料理の中に入っているお料理の一つ一つの意味を教えてもらいました。
おせち料理の中に入っているお料理の一つ一つの意味を教えてもらいました。
どうして『干支』の12匹の動物が決まったのかをペープサートで教えてもらい、今年が『亥年』という事も分かりました。
どうして『干支』の12匹の動物が決まったのかをペープサートで教えてもらい、今年が『亥年』という事も分かりました。
餅の妖精『もっちー』から串柿や裏白など鏡餅に飾るものの意味や、鏡開きの事について教えてもらいました。少し難しいお話にも集中して耳を傾けていましたよ。
餅の妖精『もっちー』から串柿や裏白など鏡餅に飾るものの意味や、鏡開きの事について教えてもらいました。少し難しいお話にも集中して耳を傾けていましたよ。
各クラス・ファミリーのお願い事を紙に書いたものを貼り出し、発表しました。
各クラス・ファミリーのお願い事を紙に書いたものを貼り出し、発表しました。
ひまわり組の今日のお当番さんが代表で、“みんなの願い事が叶うように”と、祈りを込めて木槌で鏡餅を打ちました。皆が健康で明るく過ごせる一年となりますように。
ひまわり組の今日のお当番さんが代表で、“みんなの願い事が叶うように”と、祈りを込めて木槌で鏡餅を打ちました。皆が健康で明るく過ごせる一年となりますように。
会の終了後、実際に橙や昆布を触ってみました。
会の終了後、実際に橙や昆布を触ってみました。
「よいしょっ」硬いお餅はびくともしませんが、コツンと音がするのが嬉しいようで、繰り返し試していましたよ。
「よいしょっ」硬いお餅はびくともしませんが、コツンと音がするのが嬉しいようで、繰り返し試していましたよ。
「これなに?」「かき、におってみる」と保育者と会話を楽しみながら興味を傾け、触覚・嗅覚を使い表情もにこやかな時間になりました。
「これなに?」「かき、におってみる」と保育者と会話を楽しみながら興味を傾け、触覚・嗅覚を使い表情もにこやかな時間になりました。

  全園児が遊戯室に集まり『鏡開きの会』を行いました。新年、初めての集まり。お正月の間どんな風に過ごしていたか、楽しかったお休みを思い起こし、ファミリーの子ども達中心に生き生きと発表していました。

 おせち料理や干支の由来を聞き、途中からは餅の妖精「もっちー」がやってきて、鏡餅の事も教えてもらいました。クラス・ファミリーからの願い事も出そろい、そのお願いを込めて鏡餅を木槌で打ち、会は終了しました。午後の間食はそのお餅を使った『ぜんざい』です。きっと神様の力が宿ったお餅の効果で、今年も一年健康に過ごせそうですね。

クリスマス会 2 【保育風景】 2018-12-25 15:49 UP!

 
 
 
 
 
 
この日の昼食は、ケチャップライスにミートローフ。スープもついて洋風メニューでした。
この日の昼食は、ケチャップライスにミートローフ。スープもついて洋風メニューでした。

 クリスマス会の後には、サンタクロースが各クラス・ファミリーを訪ね子ども達一人ずつにプレゼントを配ってくれました。身近にやってきたサンタクロースに少々戸惑いを見せる子もいましたが、ファミリーの子ども達は「プレゼント、ありがとう」と笑顔を見せていました。記念の写真を一緒に撮ってもらい、思い出に残る一日になった事でしょう。

クリスマス会 1 【保育風景】 2018-12-25 15:49 UP!

もみの木のツリーも飾られ、クリスマスの雰囲気いっぱいの遊戯室になりました。
もみの木のツリーも飾られ、クリスマスの雰囲気いっぱいの遊戯室になりました。
『今日も元気』の歌をうたって、クリスマス会スタートです。
『今日も元気』の歌をうたって、クリスマス会スタートです。
保育者が動物に扮し、歌をうたったり踊ったりしながら、素敵なケーキを作る劇を見ました。子ども達も一緒になり歌をうたって参加しましたよ。
保育者が動物に扮し、歌をうたったり踊ったりしながら、素敵なケーキを作る劇を見ました。子ども達も一緒になり歌をうたって参加しましたよ。
サンタクロースの登場に子ども達のテンションも上がります。サンタさんへの質問のコーナーがあり、サンタさんの秘密も教えてもらいました。
サンタクロースの登場に子ども達のテンションも上がります。サンタさんへの質問のコーナーがあり、サンタさんの秘密も教えてもらいました。
つくし組、れんげ組と地域の子ども達は保育者と一緒に「むすんでひらいて」などの手遊びを楽しみました。
つくし組、れんげ組と地域の子ども達は保育者と一緒に「むすんでひらいて」などの手遊びを楽しみました。
たんぽぽ組の子ども達は、容器で作ったマラカスを振りながら「やまのおんがくか」の歌を披露しました。この日に向けて練習してきた子ども達は、発表会のような気分を味わったようです。
たんぽぽ組の子ども達は、容器で作ったマラカスを振りながら「やまのおんがくか」の歌を披露しました。この日に向けて練習してきた子ども達は、発表会のような気分を味わったようです。
3.4.5歳児は音楽会での合奏を披露しました。こすもす組の子ども達は「ホ!ホ!ホ!」の曲を、たくさんのお客様の前でちょっぴり緊張しながらも、落ち着いて演奏していました。
3.4.5歳児は音楽会での合奏を披露しました。こすもす組の子ども達は「ホ!ホ!ホ!」の曲を、たくさんのお客様の前でちょっぴり緊張しながらも、落ち着いて演奏していました。
あじさい組の子ども達は「勇気100%」をお客様の方をしっかり見て、元気いっぱい堂々と演奏しました。
あじさい組の子ども達は「勇気100%」をお客様の方をしっかり見て、元気いっぱい堂々と演奏しました。
ひまわり組の子ども達は、自分たちの力を信じ、そして友達と力を合わせ、立派に演奏しました。「Y・M・C・A」の掛け声も高らかでした。
ひまわり組の子ども達は、自分たちの力を信じ、そして友達と力を合わせ、立派に演奏しました。「Y・M・C・A」の掛け声も高らかでした。

 20日にクリスマス会を行いました。地域の方も親子で参加下さり、保育者の出し物や手遊び、歌や合奏の披露など楽しくにぎやかな時間を過ごしました。サンタクロースもやってきて、子ども達も大喜びでしたよ。

今月の郷土料理 【保育風景】 2018-12-20 13:18 UP!

具だくさんの「ざくざく汁」はご家庭にある身近な野菜で手軽に作れそうです。この時期、体も温まりそうですね。
具だくさんの「ざくざく汁」はご家庭にある身近な野菜で手軽に作れそうです。この時期、体も温まりそうですね。
「おいしい!」「おかわりしたよ」と、子ども達のお碗はあっという間に空っぽです。郷土料理に触れる機会を大切にしたいと思います。
「おいしい!」「おかわりしたよ」と、子ども達のお碗はあっという間に空っぽです。郷土料理に触れる機会を大切にしたいと思います。
展示食のコーナーに、郷土料理についての説明が出ます。保護者の方も目を向けて頂くと、その日のお子様との会話も広がりそうですね。
展示食のコーナーに、郷土料理についての説明が出ます。保護者の方も目を向けて頂くと、その日のお子様との会話も広がりそうですね。

 

 月に一度、日本国内の地域に伝わる『郷土料理』を、調理室の職員が昼食に作って知らせています。今月は福島県のお祝いの席やお正月に食べられる『ざくざく汁』という汁物です。大根・人参・里芋・豆腐などころころと入った醤油仕立てのお汁で、ざくざくというのは「小判がざくざく」の商売繁盛と「農作物がざくざく」の豊作を願ってつけられたそうです。

 

 

もちつき 【保育風景】 2018-12-12 18:08 UP!

もち米を蒸して出来た“おこわ”を一口ずつ頂きました。「いいにおい」「ごはんよりちょっとかたい」と感想を言いながら喜んで食べました。お餅を食べない0・1歳児も“おこわ”はもぐもぐと食べましたよ。
もち米を蒸して出来た“おこわ”を一口ずつ頂きました。「いいにおい」「ごはんよりちょっとかたい」と感想を言いながら喜んで食べました。お餅を食べない0・1歳児も“おこわ”はもぐもぐと食べましたよ。
「おもい~!」と言いながらも顔はほころび、杵を振り上げて臼の中のお餅をつきました。周りの子ども達は、つく動きに合わせて「よいしょ~っ」と掛け声をかけ応援をする姿も見られました。
「おもい~!」と言いながらも顔はほころび、杵を振り上げて臼の中のお餅をつきました。周りの子ども達は、つく動きに合わせて「よいしょ~っ」と掛け声をかけ応援をする姿も見られました。
出来上がったおもちを、早速見せてもらいましたよ。「おもちや」「しろいなあ」と興味深く見つめていました。
出来上がったおもちを、早速見せてもらいましたよ。「おもちや」「しろいなあ」と興味深く見つめていました。
ランチルームへ移動して、お餅を丸めました。「まるくできたよ」「どろだんごみたいやな」と手の平を上手く使ってころころと丸める事がとても楽しかったようです。
ランチルームへ移動して、お餅を丸めました。「まるくできたよ」「どろだんごみたいやな」と手の平を上手く使ってころころと丸める事がとても楽しかったようです。
0~2歳児の子ども達もランチルームへ見学にやってきました。「ほら、おもちだよ。こんなにのびるよ」と、保育者のお話に覗き込んでいました。
0~2歳児の子ども達もランチルームへ見学にやってきました。「ほら、おもちだよ。こんなにのびるよ」と、保育者のお話に覗き込んでいました。
「きなこもち、おいしい」「おかわりする」自分でついたお餅は、格別の美味しさだったことでしょう。
「きなこもち、おいしい」「おかわりする」自分でついたお餅は、格別の美味しさだったことでしょう。

 今年も恒例の年中行事、子ども達が楽しみにしていた『もちつき』を行いました。3~5歳児は杵をしっかりと握って臼の中のお餅をつきまた。0~2歳児はその様子を傍で目を輝かせて見ていました。2~5歳児はついたお餅をすぐに丸めて「きな粉餅」に、3時のおやつで「磯辺焼き」にして頂きました。

 

もちつきの会 【保育風景】 2018-12-11 17:37 UP!

全園児が遊戯室に集まりました。どんなお話が始まるのかな?しっかりお話に耳を傾けようとする姿が見られます。
全園児が遊戯室に集まりました。どんなお話が始まるのかな?しっかりお話に耳を傾けようとする姿が見られます。
もち米とうるち米の違いはわかるかな。もち米は蒸し器で蒸して柔らかくするよ。
もち米とうるち米の違いはわかるかな。もち米は蒸し器で蒸して柔らかくするよ。
「お餅を食べる時にはどんな事に気を付けるといいかな?」
「お餅を食べる時にはどんな事に気を付けるといいかな?」
子ども達に問いかけると、手を挙げて積極的に知っている事を伝えようとしていました。
子ども達に問いかけると、手を挙げて積極的に知っている事を伝えようとしていました。
もち米とうるち米を実際に触ってみました。手いっぱいに握ってはぱらぱらと落としながら、感触を楽しんでいました。
もち米とうるち米を実際に触ってみました。手いっぱいに握ってはぱらぱらと落としながら、感触を楽しんでいました。
たんぽぽ組の子ども達は、じっと観察し「こっち白いなあ」と色の違いなどに気付きました。
たんぽぽ組の子ども達は、じっと観察し「こっち白いなあ」と色の違いなどに気付きました。
杵に触れてみました。「なんだろうなあ」とつくし組の子ども達。
杵に触れてみました。「なんだろうなあ」とつくし組の子ども達。
「杵と臼でおもちをつくよ」保育者の話を聞いてれんげ組の子ども達も実際に手に持ち、「よいしょ」と振り上げてみました。ずっしりとした重さを感じました。
「杵と臼でおもちをつくよ」保育者の話を聞いてれんげ組の子ども達も実際に手に持ち、「よいしょ」と振り上げてみました。ずっしりとした重さを感じました。
ファミリーの子ども達は、手の平をぎゅっぎゅっと押してもち米を研ぎ洗い。なかなか水が透明にならず、順番に協力して洗いました。
ファミリーの子ども達は、手の平をぎゅっぎゅっと押してもち米を研ぎ洗い。なかなか水が透明にならず、順番に協力して洗いました。

 12日の餅つきに向けて「もちつきの会」があり、全園児で参加しました。“どうして餅つきをするのか” “お餅はどうやってできるのか” “お餅を食べる時の約束は?”など、子ども達と意見を交換しながら会を進めました。明日の「餅つき」に向けて益々期待が高まった様子です。

伊勢大神楽2 【保育風景】 2018-12-07 18:44 UP!

 
 
 
 
獅子が近づくと後ずさりし泣きだす子もいましたが、保育者に抱かれて獅子の元へ。がぶっとされてまた涙。
獅子が近づくと後ずさりし泣きだす子もいましたが、保育者に抱かれて獅子の元へ。がぶっとされてまた涙。
噛みついてもらう事を心待ちにしていた子は、噛まれて思わずこのポーズ!
噛みついてもらう事を心待ちにしていた子は、噛まれて思わずこのポーズ!
ちょっと怖いなあ。それでもぐっと我慢!じーっとして獅子に噛んでもらいました。
ちょっと怖いなあ。それでもぐっと我慢!じーっとして獅子に噛んでもらいました。

 近くで獅子の姿を見て、怖くて目をそらしたり保育者に抱きついていた子どもも、見事な獅子舞の動きや曲芸に釘付けになり身を乗り出して見ていました。すごい!と感心したり、面白さに笑ったり、伝統芸能を堪能する貴重な時間を過ごしました。最後には一人ずつ獅子に頭を噛みついてもらい健康と成長を祈願してもらいました。