2020 田んぼビオトープ 【保育風景】 2020-08-20 10:38 UP!

米隊長が来て、田んぼにいる生き物を捜しました。
米隊長が来て、田んぼにいる生き物を捜しました。
紙皿を使って生き物観察をしました。米隊長がサッと虫を捕まえてくれます。さっすが米隊長!!
紙皿を使って生き物観察をしました。米隊長がサッと虫を捕まえてくれます。さっすが米隊長!!
捕まえた虫を見せ合いっこしていました。
捕まえた虫を見せ合いっこしていました。
作った案山子を立てています。
作った案山子を立てています。
ファミリーごとに案山子を作り、それぞれが立てました。
ファミリーごとに案山子を作り、それぞれが立てました。
白い米の花を見つけました。「緑のお米も出来てるよ」と子どもたちは興奮気味でした。
白い米の花を見つけました。「緑のお米も出来てるよ」と子どもたちは興奮気味でした。
戻ってきて、絵日記を描きました。
「稲作日記」は描いた時は、玄関ホールに掲示しています。
戻ってきて、絵日記を描きました。
「稲作日記」は描いた時は、玄関ホールに掲示しています。

 8月7日に、田んぼビオトープの指導をいただいている通称『米隊長』の神田先生が来られ、5歳児と田んぼで生き物観察をしました。白い紙皿を使って稲に付いている生き物を探しました。その日もバッタやトンボがたくさんいて、虫取りに必死になっていましたが、見たことのない虫は図鑑で楽しそうに調べていましたよ。

 生き物探しの後は、「いろんな生き物が来てお米食べるからね」、「ちょっとやったらお米あげるけど、いっぱい食べられたら困るよね」と言いながら、作った案山子を田んぼの周りに立てました。

 

 そういった指導を受けた後、8月17日に子ども達が田んぼビオトープの様子を見に行くと、お米に『白い物』が付いていることを見つけました。この『白いものは何なのか?』と調べてみると、なんと『米の花』でした。「緑のお米も付いてる」と喜んでいた子どもたちでした。そして、園に戻ってから絵日記を描きました。この絵日記は、玄関に掲示しておりますので、ご覧いただければ幸いです。

 

 

園のHPはこちら

戻る