トップへ戻る

2020 第7回緑育の会 【保育風景】 2020-02-17 17:17 UP!

今までの菜園の様子です。
今までの菜園の様子です。
大人の人の作業を横でみていました。
大人の人の作業を横でみていました。
「僕らも手伝おう」と子どもたちも一生懸命土運びをしましたよ。
「僕らも手伝おう」と子どもたちも一生懸命土運びをしましたよ。
ドロドロになりながら、作業をしてくれました。
ドロドロになりながら、作業をしてくれました。
午後は耕運機を使って、粉と土を攪拌しました。
午後は耕運機を使って、粉と土を攪拌しました。
混ぜた土を大阪大谷大学の学生さんと職員で叩き込みました。
どうぞ水漏れしないように。
混ぜた土を大阪大谷大学の学生さんと職員で叩き込みました。
どうぞ水漏れしないように。
最後の仕上げは、昔ながらのかけやでしっかり叩き込みました。素敵な田んぼになりそうです。
最後の仕上げは、昔ながらのかけやでしっかり叩き込みました。素敵な田んぼになりそうです。

 今年度、菜園に大阪大谷大学の井上美智子教授と神奈川県「くすのき自然クラブ」で活躍されている神田浩行さんと共に「田んぼビオトープ」を造ることになりました。

 2月15日(土)に行われた、第7回の「緑育の会」は田んぼの原型になる場所の穴掘りと、穴床に掘った土を粘土質に変える粉(バリア2500)を混ぜて入れ、穴床を叩き込みでした。これで水漏れがなくなると推察しています。保護者や地域の方々がたくさん参加して下さり無事に作業が終わりました。子どもたちも土運びや、園庭ビオトープへの土入れを手伝ってくれました。

 ご参加下さった皆様ありがとうございました。

 

 

園のHPはこちら

 

 

戻る