2020 保育風景5歳児・2歳児・分園0歳児 【保育風景】 2020-12-03 13:34 UP!

ざると野球のボールを使って籾摺りをします。「これがごはんになるねんよ」「こっちはまた田んぼに入れようね」と玄米と籾を分けています。12月には、ごはんに玄米を混ぜて食べる予定です。
ざると野球のボールを使って籾摺りをします。「これがごはんになるねんよ」「こっちはまた田んぼに入れようね」と玄米と籾を分けています。12月には、ごはんに玄米を混ぜて食べる予定です。
例年、5歳児がコモ巻きのコモを作ります。「ひも交代」「このひもを通してくくる」「上手く藁置いてね」と言いながら藁を整えて編んでいきます。
例年、5歳児がコモ巻きのコモを作ります。「ひも交代」「このひもを通してくくる」「上手く藁置いてね」と言いながら藁を整えて編んでいきます。
保育者が穴を開けた所に種を入れていきました。「早く芽が出るといいね」と言いながら土をかけていましたよ。芽が出たり、ツルが伸びたりするのを観察していきます。
保育者が穴を開けた所に種を入れていきました。「早く芽が出るといいね」と言いながら土をかけていましたよ。芽が出たり、ツルが伸びたりするのを観察していきます。
異年齢のファミリーに仲間入りしました。ペアのお兄ちゃんやお姉ちゃんにお世話されながら楽しく過ごしています。
異年齢のファミリーに仲間入りしました。ペアのお兄ちゃんやお姉ちゃんにお世話されながら楽しく過ごしています。
植えた野菜や種にお水をあげる事を手伝うのが大好きです。「お水たくさん飲んでね」とあげていましたよ。
植えた野菜や種にお水をあげる事を手伝うのが大好きです。「お水たくさん飲んでね」とあげていましたよ。
お部屋で飼育している金魚の様子を毎日観察しています。上に上がっていくと「あーあー」と声を出していました。
お部屋で飼育している金魚の様子を毎日観察しています。上に上がっていくと「あーあー」と声を出していました。

5歳児 ぞう組

 稲の脱穀をした後、籾摺りをボールとざるを使ってやっています。「うまく回していくと籾がらと玄米になったよ」「ざるの穴にお米が入ってる」「それはざると反対にして叩いたら取れる」と友だちと話しながら作業をしていましたよ。

 籾を取った後の藁では、「こもあみ」をして「こも」を作り、作った「こも」を木に巻き、「こも」に集まった生き物を観察をします。「10本(稲を10本を一束として編んでいきます)数えるの簡単や」「(稲の)株と先を代わりばんこに置く」「ひも交代して引っ張る」と手順を言いながらやっていました。

「こも」が3枚出来て、子どもたちは作業の成果に満足していましたよ。

 

2歳児 うさぎ組

 エンドウ豆の種を菜園の畑に植えました。ぱんだ組になった5月に収穫します。小さい豆を手にした子どもたちは、「これから葉っぱが出るの?」と不思議そうでした。これからお世話をして育てていきます。

 11月になって異年齢児の仲間入りをし「何ファミリー?」と聞かれて自信を持って「つくしふぁみりー」と言っていました。ペアになった4・3歳児にリードされたり、お世話してもらったりしながら、あこがれの園舎2階での生活にこれから徐々に慣れていきたいと思います。

 

分園0歳児 いちご組

 園庭のプランターに植えたいちごの苗や他の野菜に水やりをして大きくなっていくのを楽しみにしています。ジョーロの扱いも上手になってきましたよ。

 部屋では、お世話して育てている金魚を毎日観察しています。餌をあげると水面近くに上がってきたり、水草をパクパク食べたりする様子を見て「あーあー」「パクパク」などの言葉を発する子どもたちです。生き物観察と同時に言葉も出て、言語の発達に一役かっている金魚です。

 

 

園のHPはこちら