• TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  感染症状況

感染症状況 【感染症状況】 2018-02-19 11:34 UP!

感染性胃腸炎

インフルエンザA型

溶連菌

 

感染性胃腸炎が流行しています。

熱がなくても、お腹がゆるかったり嘔吐がある場合はお家で過ごしてください。

感染拡大防止のため、ご協力よろしくお願い致します。

感染症状況 【感染症状況】 2018-02-16 12:18 UP!

感染性胃腸炎

インフルンザA型

溶連菌

 

感染性胃腸炎が流行っています。

感染性胃腸炎は感染力が非常に強いです。

熱がなくても、お腹がゆるかったり嘔吐がある場合は無理に登園せず、お家で過ごしてください。

感染拡大防止のため、ご協力よろしくお願い致します

 

嘔吐した時に髪の毛をくくっていないと、嘔吐物が髪にたくさん付着してしまいます。髪の毛が長い場合はスッキリとくくってあげてください

感染症状況 【感染症状況】 2017-12-21 08:59 UP!

インフルエンザ A型 B型

アデノウィルス

 

感染性胃腸炎の疑いのある園児が数名います。

嘔吐の際に髪の毛をくくっていないと、髪に嘔吐物が付着してしまいます

髪の長いお子さんは髪をすっきりとくくってあげてください。

ご協力お願いします

感染性胃腸炎 【感染症状況】 2017-12-18 09:34 UP!

感染性胃腸炎と思われる症状の園児が数名います。

 

感染拡大防止のため、熱が高くなくても下痢や嘔吐がある場合はお家で療養してください

ご協力お願いします

アデノウィルス 【感染症状況】 2017-12-13 13:11 UP!

平成29年12月13日

アデノウィルス感染症

感染症状況 【感染症状況】 2017-07-06 11:55 UP!

昨日に引き続き、「手足口病」が確認されています。

お子様の手足口に発疹がないかチェックをよろしくお願いいたします。

 

また、「水イボ」も確認されています。水イボは病院によっては自然治癒をすすめられることもありますが、感染力が強いため、当園では治療をしていただくように皆様にお願いしています。(入園時に説明しています)

水イボの場合、治療を進めながら通園することになりますが、感染力が強いため、服で覆い隠せない部分はガーゼや絆創膏を貼るなどの対応をしていただいています。腕や足に増えてしまうと、長袖・長ズボンを着用するなどの対応もお願いしています。

汗をかく季節はテープがはがれやすく、貼り換え用の物をご用意していただくことになります。

プールについては、水着やラッシュガードで覆い隠せる場合は、参加可能です。水着等で覆い隠せず絆創膏等となると、水に入ると取れてしまうので、参加できません。

 

お子様の体は毎日チェックしていただき、水イボが見つかった場合は増えてしまう前に皮膚科で除去していただきますよう、お願いいたします

少ないうちに治療をすることが、子供にとって一番楽だと思います

感染症状況 【感染症状況】 2017-06-29 12:36 UP!

6月29日現在、頭ジラミと手足口病が確認されています。

頭チェックと手・足・口のチェックをよろしくお願い致します

頭ジラミ 【感染症状況】 2017-06-28 11:05 UP!

今日も頭ジラミが確認されています。

ご家庭での頭チェック、念入りにお願いいたします。

頭ジラミ 【感染症状況】 2017-06-26 13:42 UP!

先週に引き続き頭ジラミが確認されています。

感染されていない方も毎日の頭チェック、よろしくお願いいたします。

 

アタマジラミが発生したと聞くと、かなり驚かれると思いますが、あくまでアタマジラミは発見されるものです。自然発生するのもではなく、外部から持ち込まれるものです。保育園や学校などの集団生活では、時々、見つかります。プールや映画館のシート、混んでいる電車などからもらってくることもあるようです。よっていくら清潔にしていても、感染します。

皮膚科を受診して適切な対応をすれば取り除くことができます。発見した場合は、速やかに処置をお願いします。

園児にアタマジラミが見つかった場合、園にて全園児の点検を行いますが、やはりご家庭でしっかりと点検していただくことが必要です。ご協力をお願い致します。

 

「アタマジラミが見つかった子は不潔なのでは・・・」というのは誤解です。これは感染している子をひた隠しにすることが、結果的に偏見を助長してしまうことにつながっているとも言えます。またひた隠しにし、集団のまま保育することは感染を拡大することとなり、当園ではおよそ容認できません。よってアタマジラミが確認された子供は集団から離して保育することとなります。保育所と保護者が正確な情報と知識に基づいて対応することが一番大切です。

アタマジラミを発見して「うわぁ!汚い!」と驚いてしまうと子供が傷つきますので、子供が驚かないような言葉掛けをし、優しく対応をしてあげましょう。

園長

 

【登園許可】

 必ず皮膚科を受診して処置をして下さい。

卵も成虫も完全に除去をしないと登園できません。除去できたかどうかの判断は保護者の方に委ねられます。前日の晩と当日の朝、必ずご確認ください。

※医師の意見書を提出して下さい。(用紙は保育園のものもありますが、医療機関のものでも結構です)

 

頭ジラミ 【感染症状況】 2017-06-23 14:00 UP!

昨日に引き続き頭ジラミが確認されています。

シラミの卵は非常に小さいです。また、成虫は黒っぽくてモシャモシャしており髪の毛とよく似ています。現在感染していない方も毎日の頭チェック、よろしくお願いいたします。