• TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  朝礼のお話

平成29年(皇紀2677年西暦2017年)11月霜月過行く 【朝礼のお話】 2017-12-04 22:45 UP!

天照大御神(アマテラスオオミカミ)が瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)に五穀(米、麦、粟、稗、黍)を授け国を繁栄させるように命じたらしい
天照大御神(アマテラスオオミカミ)が瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)に五穀(米、麦、粟、稗、黍)を授け国を繁栄させるように命じたらしい
天皇陛下も皇居でお米を収穫される
天皇陛下も皇居でお米を収穫される
11月3日はもともと明治節(明治帝のお誕生日)
11月3日はもともと明治節(明治帝のお誕生日)
ハワイの王様カメハメハ
ハワイの王様カメハメハ
ホノルル空港はイノウエ空港と名前が変わった
ホノルル空港はイノウエ空港と名前が変わった
ダニエル=ケン=イノウエ
ダニエル=ケン=イノウエ

【皇紀とは】日本のオリジナルカレンダーで、初代天皇である神武天皇が橿原の宮で即位した年を元年とする(紀元前660年)暦のこと。西暦に+660年をすればいいので解り易い)

 

11月が過ぎてしまいました。一気に寒くなって、また日中は暖かくなって、今年は秋らしさがいつもよりは楽しめたような気がいたします。11月は実りの月です。11月23日は勤労感謝の日。日本人にとって勤労は稲作を意味していました。もともとこの日は新嘗祭(にいなめさい)といって、天皇が宮中祭祀を行う日でありました。新嘗祭は、今年にとれたお米を神様にそなえ、感謝するお祭りです。古くは平安時代から、営々と続いているお祭りだといいます。戦後、日本を占領したGHQによって、天皇色を薄めるべく、祝日の名前を新嘗祭から勤労感謝の日と改められた経緯があります。天皇色といえば、11月3日についても同じことが言えます。11月3日は「文化の日」ということですが、言われてみれば唐突に文化の日といわれてもピンときませんね。本来は、「明治節」というお祭りだったそうです。つまり明治天皇がお生まれになった日。これもGHQによって、改めさせられたようです。明治時代といえば、文明開化、日本が近代化を果たし、迫りくる列強を跳ね返して、ノンカラードつまり、白人以外の民族で、唯一白人に対抗してきた時代です。そんなたくましい日本人に、当時のハワイ王国は助けを求めてきたそうです。ハワイ王国は、いまでこそアメリカの州のひとつですが、当時はカメハメハ大王が建国した、独立国家でした。その後、王様が変わってカラカウア国王治世に、日本にやってきて、当時の明治天皇に、娘のカイウラニを日本の皇族の妃にしてもらえないかと婚姻を申し込んできました。ハワイとしては、発展目覚ましい日本の皇族と近い関係を結ぶことで、進出激しいアメリカからの圧力をけん制する目的があったようです。日本は、アメリカとの外交もみすえて、ハワイからの申し出は丁重にお断りしました。もし、このとき、ハワイと日本の皇族が一緒になっていましたら、ハワイ真珠湾攻撃や、こんごの歴史が大きくかわっていたかもしれません。
さて、ハワイといえば、ホノルル空港をご存知でしょうか?今年、空港の名前が変更されました。その名も「イノウエ空港」です!はい、その通り日本の名前”井上空港”です。日系人2世のダニエル=ケン=イノウエさんが、政治家としてとてもハワイに貢献したことをたたえて、この度空港名に使われることとなったそうです。ハワイはとても日本とつながりの深い島なのです。
 
November already has passed.It is very cold in the morning and night.That's the way Japanese autumn is.I like this season autumn.
Japanese say autumn is a harvest month.November 23rd is a Japanese national holiday "Thanks for working day" 
The origin of this national holiday is socalled "Niiname-sai" that means the festival of the rice harvesting.
The Japanes Emperor has been celebrating this festival sine around 800A.D..
However after W.W.Ⅱ the GHQ made the Japanese people stop using this word "Niname-sai", it is the day so called "Thanks for working day".
We also have the other National Holyday.That is November 3rd so called "the day of calture".This the 3rd day has another meaning.
On the November 3rd Meiji Emperor born so that we had called and celebrated Meiji Emperor's birthday on the day.
However after WWⅡ,GHQ made the Japanese people stop using this word again.
Anyway GHQ wanted to remove the system of the Japanese Emperor , that means the destroying of the Japanese culture and tradition.
Now today , most of Japanese forget these meaning of National holiday. It passed 72 years since WWⅡ.GHQ almost achieved their purposes.
According to Meiji period (1868-1912)、Japan became the modern state.At that time, WASP  conquered the colored  contries all over the world except Japan.
Hawaii Kingdom wanted to make married relationship between Japan and Hawaii.Because Hawaii was being conquered by the U.S.A..
Japan refused that proposal throgh political delicacy between Japan and the US..
If this proposal of Hawaii had been accepted by Japan ,  Pearl Hourbor might not have been attacked, the war between Japan and the U.S. might not have occoured.
That might made this world change.
By the way do you know the nane of the air port in Hawaii? That is no longer  Honolulu Air Port .The answer is "Inoue Air Port".Inoue is the man whose parents are 
Japanese.He was a politician and contributed the prosperity in Hawaii. His name was Daniel Ken Inoue.
Japan and Hawaii have goodrelationship now and then.I want to visit Hawaii again since I traveled there on my honeymoon. 
       

 

 

平成29年(皇紀2677年西暦2017年)10月神無月過行く 【朝礼のお話】 2017-11-03 19:49 UP!

私たちの最初の父・母。イザナキ、イザナミのみこと
私たちの最初の父・母。イザナキ、イザナミのみこと
太陽神アマテラスオオミカミ(伊勢神宮のご神体
太陽神アマテラスオオミカミ(伊勢神宮のご神体
皆で神宮参りしてまいりました。すごい雨でしたが。。。
皆で神宮参りしてまいりました。すごい雨でしたが。。。

【皇紀とは】日本のオリジナルカレンダーで、初代天皇である神武天皇が橿原の宮で即位した年を元年とする(紀元前660年)暦のこと。西暦に+660年をすればいいので解り易い)

 

平成29年(皇紀2677年)10月神無月において

運動会も終わり、あっという間に10月も過ぎつつあります。10月は別な言い方で、神無月(かんなづき)といいますが、言い伝えによりますと、全国の日本の神様が、縁結び神社とされる出雲大社に集合して、どの子とどの子を結婚させるかどうかを話し合うとされ、全国の神社は神様が留守をするとされています。出雲大社がある島根県では神有月(かみありづき)と言われているそうです。おそらくその昔、まさに日本を統治していた有力豪族達が、出雲に集まって、この国をいかに平和にシラスべきかを話しあっていたのだと考えられます。シラスとは統治スというもともの大和言葉です。これらのことはいわゆる古事記に書かれていることですが、イギリスの歴史家アーノルド・トゥインビーが言った言葉に、「神話を学ばない民族は必ず滅びる」があります。つまりどの民族にもその根本となる民族の始まりが定義付けされており、そのことが民族としての1本の共通概念であり、共通理解であり、共有する拠り所となるわけであり、そのことで、1つの民族的所属感が保たれるというわけです。西洋でいうところの「アダムとイヴ」です。では日本の神話は?と聞かれたときに、「古事記・日本書紀」となるわけです。古事記と日本書紀は同じ時期に書かれたものですが、いわゆる国内向けが古事記、海外向けが日本書紀ということになります。覚え方としては、国内向けにはわざわざ日本とつける必要はなく単に古い物語であるということで、古事記。海外向けはこの本は日本のことを書いていますよといういみで日本書紀ということですね。この2つを合わせて「記紀」といったりします。

さて実際に古事記を紐解いていくと、まず最初に「天地開闢」てんちかいびゃく、といってとにかく「自分」というものが存在するということは、必ずお父さん、お母さんが存在するわけで、そのまたお父さん、お母さんがいるわけです。これをいくつもさかのぼっていくと、果てしないわけであるので、とにかく最初は3人の神様の始まりの存在があったと始まるわけです。いわゆるアメノミナカヌシ、カミムスビノカミ、タカミムスビノカミといいます。

男・女の2人ではなく、3人で始めたとしたわけですね。真ん中の神様に、左右の結びの神がいる。男と女が結ばれて、ムスメとムスコが産まれる。そんな感じです。

そして、始まりのお父さん、お母さんとされるのがイザナキ、イザナミです。「キミ」の違いで、覚えやすいですね。

そのイザナキ・イザナミは、まず初めに、おのころ島とされる淡路島に降り立って、日本列島を作り始めたと言われています。淡路島に行くと、日本最初の島とかなんとか書かれていたりします。それはここから由来しています。その結果、できたのが淡路島、佐渡島、対馬、壱岐、隠岐の島、四国、九州、大倭豊秋津洲(オオヤマトトヨアキツシマ(本州)これら8つの島をあわせて大八島の国といったりします。

その次に、イザナキ・イザナミは神様を産みだします。山の神、風の神、大地の神、水の神、ありとあらゆるものに神様が宿る、八百万(やおよろず)の神様がここで概念として産まれます。うんちやおしっこまでも神様として生まれます。日本人は元来、あらゆるもにを大切に扱うこころから、箸や飯といったものにも尊敬の意味である「御」を付して、お箸、ご飯といったりしますね。

そしてイザナミは火の神様を産んで、自分も焼け死んでしまいます。途方に暮れた夫イザナキは妻イザナミを黄泉(よみ)の国に迎えにいくわけです。ところがイザナミの体はすでにうじがたかるほどにぼろぼろと腐ってしまっていたわけです。それをみたイザナキは恐れおののいて逃げ帰ってきたのです。その時に、地獄の鬼たちが追いかけて来て、イザナキは逃げる為にタケノコとブドウと桃を投げたと言われています。当園のロゴマークは桃ですが、桃には魔よけの力があるとされる所以です。穢れたイザナキは逃げ延びた後、筑紫の日向の立花のおどのアワぎはらにて、禊をしたときに、3人の尊い神が産まれたそうです。

その3人が天照大神(あまてらすおおみかみ)、月読の尊(つくよみのみこと)、素戔嗚尊(すさのおのみこと)です。そして、この天照大神の孫の孫が神武天皇とされており、橿原神宮の初代天皇であり、そこからいまの平成にいたるまで125代我が日本国が戴く天皇陛下の万世一系につながるわけですね。つまり古事記には日本の天皇の皇統に関することが12代景行天皇の皇子日本武尊(やまとたけるのみこと)まで書かれているわけです。白鳥伝説、我が羽曳野市の日本武尊に由来する地域のものとしては必ず知っておきたいポイントです。そしてお子達にも伝えていきたいところです。

英国の歴史学者アーノルドトゥインビーは「神話を学ばない民族は必ず滅びる」と言いました。さあ、我々親の世代は古事記を勉強し、お子達に伝えていこうではありませんか。

 

平成29年(皇紀2677年)9月長月西暦2017年過行く 【朝礼のお話】 2017-10-02 14:17 UP!

外国では災害に乗じて各地で暴動が起きています
外国では災害に乗じて各地で暴動が起きています
誰に言われるでもなく自然と列をなす日本国民
誰に言われるでもなく自然と列をなす日本国民
【皇紀とは】日本のオリジナルカレンダーで、初代天皇である神武天皇が橿原の宮で即位した年を元年とする(紀元前660年)暦のこと。西暦に+660年をすればいいので解り易い)
平成29年9月も終わりました。
今年は秋らしい秋が訪れ、虫の音を楽しみながら秋の夜長を過ごしています。朝夕の体調管理には気を付けたいと思います。
運動会に向けて各クラスは練習にいそしむ日々を送っていますが、まずはすべての基本となる整列と行進については、運動会のあるなし関わらず
年中毎日毎朝行っています。よく運動会が近づくととたんに、行進や整列を徹底する所もあるようですが、そうするとやはりお子の精神的身体的な負担が大きく中では、
運動会の時期が来ると体調を崩してしまうお子もいるようです。高屋保育学園では、こども園の特性を生かして、2歳児から朝のお集まりに参加し、朝礼と体操、そして行進の練習を
年中しています。そうすることで朝の眠気を覚まし、集中力がつき、大脳の前頭葉を鍛え、やる気を引き起こすことにつながります。とても脳の発達によいとされています。
また、日本は災害の多い国です。幾多の災害のたびに、国民が礼節を守り、秩序だって行動し、災害支援物資にもきちんと順序をまもり分け合い、互いに協力して復興への道につながってきました。
そんな日本人の心を育むことに日々とりくんでいると自負して職員一同誇りをもって臨んでいます。ただ単に惰性でお子をお預かりするだけであれば、楽かもしれませんが、
ややもすると昨今の小1プロブレムである学級崩壊は、こういった幼少期の鍛錬がなくそのまま小学生になり、小学校の教師に多大な負担を強いてしまっているのかもしれません。
少なくとも厚労省ならびに文科省の管轄をうける幼保連携型認定こども園として高屋保育学園は、お預かりしたお子達がしっかりと、速やかに就学にむけた姿勢を育むことが

 

我々保育教諭としての使命であると考えています。どうぞ保護者の皆様のご理解とご協力を改めてお願い申し上げ、感謝してやまないところです。

平成29年(皇紀2677年)8月長月西暦2017年 【朝礼のお話】 2017-09-03 12:41 UP!

広島にはウラニウム性の原子爆弾、長崎にはプルトニウム性の原子爆弾が投下されました。明らかに違う種類の爆弾を投下しての人体実験でした。
広島にはウラニウム性の原子爆弾、長崎にはプルトニウム性の原子爆弾が投下されました。明らかに違う種類の爆弾を投下しての人体実験でした。

【皇紀とは】日本のオリジナルカレンダーで、初代天皇である神武天皇が橿原の宮で即位した年を元年とする(紀元前660年)暦のこと。西暦に+660年をすればいいので解り易い)

 

暑い暑いと言われた8月も終わってしまいました。3年前から「暑い」という言葉を封印するように過ごしています。大正昭和の代表的教育者、森信三先生が「暑い夏に、暑い暑いという言葉を封印して過ごしてみてはどうか?それだけで、日頃の生き方が変わる」ということをご指摘になられています。それを実践するべく3年前から取り組みを始めています。するとどうでしょう?今年の夏はその暑さを、まったくといって良いほど苦痛の物としなくなりました。むしろ暑さがおわってしまうことに、一抹の寂しさをも感じる今日この頃です。病は気から。暑さも気から。ということでしょうか。

 

さてこの8月は例年通り、日本においては戦争の悲惨さばかりが強調される言論空間が、特に地上波テレビでは占められることとなりました。毎年同じ様に繰り返されています。原爆は悲惨です。無辜の国民、赤ちゃんから、お年寄りまで、一瞬にして灰と化します。完全に国際法違反です。とにかく戦争は悲惨で悲惨で、戦争反対と唱えることが大事。。。とだけ、報じられます。果たして、それだけで戦争を回避することができるでしょうか?国際環境は今、劇的に動いています。表立っては、平和な日本です。日々過ごすだけでは、何ら戦争の脅威などみじんにも感じることがありません。北朝鮮のミサイルが日本列島を横断しようが、Jアラートがなることのない大阪ではなおさら、日々の平和を脅かされるものではありません。少しだけ、想像力を豊かにしてみましょう。このミサイルが、誤作動で日本列島に落ちてきたらどうでしょう。あるいは航行中の飛行機、船に衝突したらどうでしょう。100%そんなことはありえない。と言い切れる人はいません。例えば、子供がボールで遊んでいたとしましょう。最初は外で遊んでいたのですが、いつの間にか部屋の中でキャッチボールをしだしました。しかも、寝ている赤ちゃんをまたいでするようになれば、「こら!外でしなさい」と注意します。ところが、その子供はどうせ、口でいわれるだけやし、と部屋の中でキャッチボールをすることをやめません。2度注意しても、効果がなければ、ボールをとりあげるしかありません。まったくもって国際関係という高尚なレベルの話ではありません。国と国の関係も、人と人、ましてや大人と子供の関係に近い話でもあります。我が日本国民に甚大な被害が出てからでは手遅れです。すでに北朝鮮には40年間も拉致されたままの同胞がいます。人権侵害もはなはだしいこういった国家が日本周辺に存在するという現実から目を背けてはお互いの為になりません。国際関係の現実は、日本国民が考えるようなお花畑は残念ながら存在しないシビアなものです。これからますます国と国とがお互いの国益をぶつけ合いながら生きていかなければならない世の中となります。子供達には歴史の事実と現実社会をしっかりと見据え、たくましく生きて行ってほしいそんな思いをもって過ごしたこの8月でした。
海の警察官;海上保安庁
海の警察官;海上保安庁
明治天皇
明治天皇
日本のEEZ
日本のEEZ

平成29年(皇紀2677年)7月文月西暦2017年

(皇紀とは日本のオリジナルカレンダーで、初代天皇である神武天皇が橿原の宮で即位した年を元年とする(紀元前660年)暦のこと。西暦に+660年をすれば

いいので解り易い)

毎月、毎月あっという間に終わっていきます。7月はやはり7月20日の海の日にちなんで、海がテーマです。といっても、海の日は7月17日(月)でした?

しかし、昔は確かに7月20日が海の日でした。

この海の日が出来た当初は、7月20日という日に意味がありました。つまり明治天皇が、戊辰戦争で疲弊した日本国民の慰労の為、全国を行幸され、函館から横浜港へ

船でたどり着かれた日であったわけです。明治維新後の日本が開国し、これから海洋国家として大海原にでていく意味もありました。

ところが平成13年に、景気回復の思惑もあいまってハッピーマンデー法のもとに、第3月曜日となってしまいました。

よって、現代日本人の多くが、この海の日の本来の意味を知らずに、単に海開きとでも勘違いしている有様です。

やはり日本は四方を海に囲まれて、国境を接する国がなく、平和が守られてきたことはこの海によるところが大です。

そんな海の思いをはせて、この海の日が制定された意義を改めて認識し、お子達にも伝えていきたいと思います。

また、日本の海はそのEEZの外周は約33000KMに及びます。実に地球の4分の3週する長さです。

これだけの広さを守る海上保安庁の人員は、愛知県警と同等の人員です。13000人。海上自衛隊は、直接はパトロールが出来ない状況です。

あくまで憲法の制約があるためです。

この海を守る基準となるのが、島々です。日本には6800の島々があります。海を守るということは、島を守ることでもあります。

ところが最近は中国からの侵略行為が報道され続けています。北方領土(択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島)はロシアが不法占拠を、竹島は韓国が不法占拠をつづけています。

 

憲法の前文では、「われらの安全と生存を諸国民の信義に信頼して守る」となっていますが、諸国民からは侵略、不法占拠されているのが現実です。

このような状況を、このままこのお子達に引き渡すことが、とても心苦しいものです。

とにかく日本には6800の島々あります。せめて東西南北もっとも端にある4島の名前は、暗記しておきたいものです。

北;択捉島、東;南鳥島 南;沖ノ鳥島 西;与那国島

 

もう8月が始まっていますが、改めて気を引き締めてこの夏を乗り越えたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

園長

JKローリングさん
JKローリングさん
アフラベーン
アフラベーン
清少納言
清少納言
平成29年(皇紀2677年)6月水無月西暦2017年
(皇紀とは日本のオリジナルカレンダーで、初代天皇である神武天皇が橿原の宮で即位した年を元年とする(紀元前660年)暦のこと。西暦に+660年をすれば
いいので解り易い)
水が無いと書いて水無月。田植えの季節であるにも関わらず、水の無い月とは、昔の人はどんな思いで付けたのでしょうか?
高屋でも「たかやたんぼ」で田植えをしました。(駐車場の奥にあります。)
皇居でも今上陛下が、日本国民の幸せつまりお米が豊作となるよう、祈りを込められてお田植えをされているそうです。
なかなか世界の王様の中でも、泥土にまみれて国民の目線で、穀物づくりにいそしむ貴族を見たことがありません。
そんな我々日本の誇りである皇室は125代まさに皇紀2677年前まで、その家系がたどることができるという歴史を背負っているわけです。
そしてこの度、200年ぶりにご譲位が実施される予定です。126代天皇が私の生きている間に、ご誕生されるという歴史的瞬間が間もなく訪れます。
昭和うまれの私としては、2度目の御代替わり。まさに敗戦後からの日本の夜明けがもう間もなくかと。
同様に日本の女流作家における歴史も世界最古であります。
清少納言、枕草子です。「春は曙~っ」てやつですね。女流作家と言えば、ハリーポッターで一躍世界の売れっ子作家となったJKローリングさんは有名ですが、なんでもその売れ行きはもはや5億冊に迫る勢いとか。USJでも巨大なアトラクションが人気を博していますね。私も乗ってきました。ちと、乗り物酔いしましたが。。。
そんな英国においても、最初の女流作家はアフラベーンという、1640年ころのお話です。日本の江戸時代ですね。
かたや我が日本の清少納言は江戸時代からさかのぼること650年前の、平安時代です。
それだけ、平和な時代であり、女性がこの時代から活躍していた証です。ほんとに豊かな文化であります。
そんな昔の言葉が、今でも通じるという事実もすごいことなんですね。そんなん日本人が書いたんやから当たり前やんと思われるかもしれませんが、
世界では他民族が、他民族を支配し、やつけ、やつけられの繰り返しで、決してそんなことはありません。
今、労働者の移民問題でもそうですが、やはり安直に外国人を受け入れるということは、日本の伝統文化を崩壊し亡き者にさせてしまう恐れは十分あると思います。
もちろん他国から良い影響を受け入れるということは、日本人がこれまでにも培ってきた風土ですが、日本人に匹敵するほどの数の移民を受け入れるのとはわけが違います。
話が飛んでしまいましたが、今 朝夕の外遊びでは、希望者(10人程度)だけですが、宮沢賢治の「雨にも負けず」の文章を暗唱しています。大脳へのいい刺激として暗唱と唱和はとてもよいとされています。お子達も皆で行うと、良い競争意識が芽生えあっという間に覚えてしまいます。
よし、次は春は曙にチャレンジします。
 
 

平成29年西暦2017年皇紀2677年皐月5月 【朝礼のお話】 2017-05-18 20:13 UP!

マレーシアの国旗
月のマークはイスラムをあらわすそうです
マレーシアの国旗
月のマークはイスラムをあらわすそうです
戦前の支配体制
戦前の支配体制
マレー半島
マレー半島

GWに親子で登山の報告を沢山いただきまして、ついつい毎月初めに書いています朝礼のお話をすっぽかしてしまっていました。もう5月も終わりに近づいていいますが、改めて皐月の報告をいたします。

来週22日から、当園に留学生が日本の保育を勉強にやってきます。国籍はマレーシアです。20歳そこそこの女性です。今はアメリカの大学で心理学を勉強されているそうです。スカイプで一度、お話をしましたが、ぱっと見いでは、日本人と変わらない方です。約6週間、毎週0歳から5歳まで、お部屋でお子達といっぱい触れ合ってもらおうかと思います。そこで、今月はマレーシアについていろいろお話をしました。

マレーシアはもともと、英国の植民地でありました。150年近く英国の支配を受け、すっかり黄色人種は白人にはぜったいにかなわない、歯向かってはならないと、代々にわたってしみついてしまいました。ところが、先の大戦で日本の帝国陸海軍によって解放され、同じ顔をした日本人が目の前で、白人たちを蹴散らしていく姿をみて、自分たちもできる、自分たちの国は自分たちで勝とるんだという機運がうまれ、戦後まもなく独立することができたという歴史があります。その白人たちを怒涛の勢いで、打ち負かした戦いで有名なのが、マレー沖海戦で、沈められたプリンスオブウェールズ アンド レパルス、と、マレーの虎の異名を持つ、帝国陸軍大将山下大将です。

とにかく当時世界最強と言われた7つの海を支配する英国海軍の旗艦であり、王子プリンスの名をつけた戦艦が、東洋の小さな島国日本に沈められてしまったことは世界を驚かせました。またマレーの虎;山下陸軍大将は1000キロに及ぶマレー半島をわずか2か月足らずで縦断し英国軍を蹴散らしてしまうというすごさでした。

先日も皇太子殿下がマレーシアを訪問され、ニュースで取り上げられていました。またマレーシアにも王様がいらっしゃいます。そんなマレーシアから「Japan Love」といって、留学生がきます。しっかりと友好を深め、日本とマレーシア2国間の固い絆の一助となるべく努めてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

平成29年(西暦2017年皇紀2677年)弥生4月 【朝礼のお話】 2017-04-09 01:12 UP!

神々しい日の出を拝む日本人
神々しい日の出を拝む日本人
古今和歌集
古今和歌集
地鎮祭
地鎮祭

平成29年度が始まりました。今年度も精一杯、職員とともに愛情いっぱいお子達を保育し、そして学校教育法上の教育施設

幼保連携型認定こども園として、立派な日本人を育むべく鋭意教育して参りたいと思います。

毎月、月初めには国旗掲揚・国歌斉唱をいたいます。

最年長のきくぐみには、当番さんに国旗掲揚をお願いしています。

国旗掲揚の際には、帽子を取ります。腕は気を付けの姿勢で国旗に正対します。当番さんもすっかり得意げに皆の代表として

掲揚をしています。

いうまでもなく日本の国旗は「日の丸」です。正式には「日章旗(にっしょうき)」といいます。この日章旗が日本の旗となりましたのは、

古くは飛鳥時代の聖徳太子が「日いづるところの天子 日没するところの天子に 書をいたす つつがなきや」

と隋の皇帝に使者を送ったことに由来すると言われています。

また国歌「君が代」は、平安時代の勅撰和歌集「古今和歌集」に歌われた和歌がその原型とされています。

つまり日本の国旗・国歌は、めちゃくちゃ古くからあるということですね。もちろん世界最古の国旗国歌であるということです。

それだけで最敬礼を払いたくなる事実です。

初日の出を見に、元旦の未明より出かけて、お日様に合掌する。なんとも神々しい自然を感じるのも日本人ならではの様子。

日本の神様の大元は天照大神(あまてらすおおみかみ)です。伊勢神宮のご神体です。

日本にはあらゆるものにも神が宿るという八百万(やおよろず)の神に感謝するという風習があります。

先日は保育学園の東側の空き地で地鎮祭をしていただきました。誉田八幡宮の宮司さんに来ていただきました。

この空き地は、玄関への通路として和風庭園に整備したいと思います。

今井光郎幼児教育財団様より、日本の心を育てる幼稚園・保育園に助成するという趣旨で、この度補助をいただき整備することとなりました。

毎日の登降園をこの和風庭園を通って、和を感じともに、和の心を育んでいきましょう。

 

弥生3月 【朝礼のお話】 2017-03-05 19:33 UP!

天地開闢のイメージ
天地開闢のイメージ
君の名は
君の名は
組み紐
組み紐

年が明けて早気がつけばもう3月です。私も40代になってから、年々月日が過ぎゆくスピードがあっという間であることを痛感している毎日です。

先日娘小2が、学校の友達が皆見ている!という「君の名は」が見たい!とのことで、私も人の親。早速その日曜日に見てきました。確かに以前から、私の尊敬する歴史家の先生が、絶賛し、また世間でこれほどのヒットを続けている「君の名は」を気になっていたことは正直なところ、これをきっかけに見に行けたわけです。

宣伝で印象的な高校生の男女が入れ替わってしまうシーンから、単に高校生の甘酸っぱい青春物語かな~と想像していたわけですが、もう始まってから行きつく暇のない興奮とハラハラとで、後半からは涙涙で、もう大満足でした。なるほど私の尊敬する歴史家の先生が絶賛していた意味が分かったきがします。まだご覧になっていない方の為に、内容は多く語りませんが、少しだけ私の私見ではありますが、この君の名はに秘められた意義を述べたいと思います。

「君の名は」のメインテーマは組み紐という、主人公の一人である女の子の家に伝わる伝統工芸品です。紐を結ぶというこの結ぶという意味が、人と人を結び、先祖代々を結ぶという生命の根源につながっているという意味があるのだと思います。偶然かあるいは作者の意図かはわかりませんが、日本の神様の始まりも実はこの結びという名前がついています。

天地開闢(てんちかいびゃく)の記述には、この世の中の始まりに3人の神様が登場します。

真ん中の神様が、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)。

男性の高御産巣日神(たかみむすびのかみ)。

女性の神産巣日神(かみむすびのかみ)。

男女が結ばれて、むすこ息子、むすめ娘が産まれる。

この「結び」の象徴であるところの組み紐が、この映画の中心であると個人的解釈をし、その映像の美しさと、高校生の勇気と恋愛の物語に、感動し涙涙でした。お勧めです。今月もめいいっぱい頑張ります。

 

 

 

2月如月(きさらぎ) 【朝礼のお話】 2017-02-04 00:43 UP!

寅柄のパンツ
丑のつの
寅柄のパンツ
丑のつの
鬼門の丑寅(北東)
桃太郎の家来
申酉戌
鬼門の丑寅(北東)
桃太郎の家来
申酉戌

はや平成29年が始まって早1か月が過ぎました。

私も42歳の年後厄、年を取るたび、本当に月日の経つのが日に日に早く感じるのは人の性。

気がつけば50目前となり、60となり、と人生を達観しつつあるのかと自分をみつめてみたり。

しかし、毎朝、毎夕、子供達と遊び、その間は、そんなややこしい哲学はよそに置き、パワーをもらっています。「無限の能力を持っている子供達に、より素晴らしい生活環境と教育環境を創造する」当保育学園の保育教育方針。今は宮沢賢治の「雨にも負けず」と平家物語「祇園精舎の鐘の声」を毎日唱和しています。あっという間に覚えてしまう子供達。次は、清少納言「枕草子」に挑戦しようかと思います。

さて、2月は立春2月4日、暦の上では春の訪れです。まだまだ寒い今年ですが、心なしか春に向かって気持ちも明るくなっていく気がします。

冬から春になるその瞬間、隙間ができるその一瞬を狙って、鬼が入ってくる、それを撃退するのが節分の豆まき行事です。よく鬼門という言葉を使ったりしますが、方向でいうと北東です。

十二支の表で見ると、丑寅(うしとら)の方角です。鬼が、寅柄のパンツをはいて、丑の角がはえている理由がここにあるわけです。そして、鬼を退治するといえば、桃太郎。その家来が、サル、きじ、犬です。十二支の表で、丑寅の反対側にあるのが、申、酉、戌(さる、とり、いぬ)です。昔の人は面白いことを考えるもんですね。

当園では、毎年節分にはこわい鬼さんがやってきます。

そして、3つの目 を養ってもらいたいと考えています。自分の目、他人の目、そして天の目です。

ごみをどうして、捨ててはいけないのか?他人が見ているから?では、他人が見ていなかったらごみを捨てていいの?

いえ、お天道様が見ているからだめです。これが天の目です。

この天の目が、鬼という解り易い形で、お子達に伝える為に、鬼さんに来てもらっています。

そして、天の目がやがて、自分の目を育て、自立した、自分で物事を判断できる人材を育みます。

「意地悪はしません、嘘はつきません、先生のお話はよく聞きます」心の悪い鬼を退治するべく約束して、最後は、豆をまいて鬼をやっつけました。

さあ、一皮むけたたくましいお子達。明日の音楽祭、頑張ろう!