コロナ対策 【園長のひとりごと】 2020-02-28 13:13 UP!

新型コロナウィルス対策…

行政と政府から学校休校が発表されました。

 

「おそい!」「突然すぎる!」「対応できない!」

「全国一斉がいい対応」「緊急なので仕方がない」

 

世間は賛否両論です。

お隣の韓国ではり患者2000人を超えたようです。

日本もこれからどうなることかわかりません。

 

マスクを求めた人が早朝ドラッグストアーに行列を作っています。

 

このままいけば…

いずれ不要不急の外出禁止令が出て、

そして出勤どころか市町村から出ることが許されなくなるかも…

最悪のシナリオは社会が完全に止まることです。

どこかの国の入国を拒否するとか、国を嫌うとかはナンセンスです。

 

これは 「ウィルス VS 人間」 の戦いです

国を超えて人間の完全勝利を望まなければなりません

 

感染拡大を防ぐ戦いで私が納得いかないのは

保育所と学童保育は休校の対象にならないということです。

市内公立幼稚園は休園です

 

「子どもと教職員を守る」と休校を決めた安倍総理が言いました。

あぁ…またか…園の子どもと保育士たちは守られないんですね…。

 

このような緊張感のある緊急事態で保育士は感染リスクを背にして

この国の経済を支えるために子どもを受け入れ続けるのです。

子どもは家よりもリスクの高い社会(園)で過ごすのです。

 

今回の厚生労働省の判断は、

こどもの安全よりも労働者を取りました。

(どうやら保育士は労働者と認めていないようです)

 

震災も、インフルエンザも、感染症も、

幼稚園小学校が学級閉鎖になろうとも

保育所は常に子どもに直接かかわる全てのリスクを受け止めなければならいません。

いえ、こどももリスクにさらされたままです。

人類が見たことのない新たなウィルスとのリスクであるにもかかわらず、逃げることすら許されません。

ここまでくれば、さすがに保育士のさらなる社会的な地位向上を願わずにはいられません。

 

柳町園は開園します。

ですが皆さんにお願いがあります。

ご家庭でお子様を見ることができる状況であれば、登園を控えてください。

テレワーク、在宅勤務、育児休暇、兄弟が休校、祖父母が家にいる…理由は様々です。

園は園児が濃厚接触をする場なので、感染リスクが非常に高い場所だとご理解ください。

学校のように休校して予防できません。だからご家庭の判断で予防の観点でお休みいただいて構いません。

 

※本日門真市から今回の臨時休校について連絡がありました。

「この措置が子どもたちへの感染拡大防止の観点から実施されたものであることから、1号を含むすべての保護者に可能なかぎり家庭での保育を行っていただくよう要請を行います」

 

ここ2週間がこらえ時と言われているなら、

皆さまに仕事と生活で無理が出ると思いますが、

なんとかして乗り越えましょう。

これ以上この国から感染、重傷者や死者を出さないためにも。

 

お子様のリスク回避をご家庭でしっかりと対応策を話し合ってください。

地域子育て支援事業を休止します 新型コロナ対策 【園からのお知らせ】 2020-02-28 12:15 UP!

地域の親子を対象とした下記の子育て支援事業を

学校休校期間(3月2日~3月19日)中止いたします。

 

①一時預かり保育 ユーカリ組

②園庭開放

③地域イベント「劇団もんぺ座観劇」

④子ども食堂 カフェでごはん

 

突然の対応となり申し訳ございません。

子どもたちの命を守る行動を考えて、

受け入れの中止を決めさせていただきました。

ご理解よろしくお願いします。

発表会ありがとうございました 【園長のひとりごと】 2020-02-05 19:21 UP!

2月1日の発表会

多数のご参加をいただきありがとうございました。

 

舞台袖から子どもたちの姿を見ていて

「かわいいなぁ」

そして会場を見渡すと保護者の皆さんの笑顔に

「うれしいなぁ」

 

私には会場の皆さんが観客というよりも、

まるで参加者のようにみえました

 

舞台で固まってしまいセリフが出てこないこどもに

「よし、よし、そこだ、がんばれ」といってるかのように、

声に出さずに目で声援を送ってくれた方

終始にこやかに子どもを見守り続けた方

拍手でエールを送ってていた方

寒空の中、朝早くから園前に並んでくださった方…

 

そんな多くの子どもたちを思う優しいまなざしで

子どもたちは温かく見守られながら

無事発表会を終えることができました

 

ほんと柳町園の子どもたちは幸せです

皆さんが柳町園の保護者で私たちも幸せです

 

当日はプログラム席の入れ替えや近隣の方の徒歩登園など

ご協力ありがとうございました

 

素敵な保護者の皆さんの期待にこれからも応えられるよう

私たちスタッフも子どもたちに優しいまなざしを届け続けたいです