災害大国日本ができること 【園長のひとりごと】 2019-10-21 09:50 UP!

「異常気象」がまるで夏の季語のように聞こえてきます。

今年の夏も当たり前のように猛暑となり

10月に入っても暑い日があるなんて…

まるで亜熱帯の国のような気候となってきました。

 

アツイといえば9月から始まった熱い戦い。

そう、日本で行われていますラグビーW杯2019!

 

アジアで行われる初めてのW杯

にわかラグビーファン大歓迎!

日本中からの声援とスタンドを埋め尽くす桜ジャージの光景は

日本代表選手がずっと夢見た光景なのですから。

何度もぶつかっては立ち上がる姿に涙を流して応援する人

歴史を作るベスト8の快挙で

熱気と歓声と感動と共に日本の戦いは幕を下ろしましたが

世界一を決める戦いはまだまだ続きます。

 

そんな大会中にも猛烈な台風19号が東海から関東にかけて上陸し

100年に1度の甚大な被害を日本列島に残していきました。

特に関東では暴風で猛威を振るった台風15号の傷跡が癒える間もありません。

 

超大型の19号は、列島に長時間の大雨をもたらし

結果、広範囲で多くの河川が同時多発的に氾濫し、

床上浸水や土砂崩れそして多くの死者を出す大災害となりました。

 

そんな中、台風で試合が無くなり予選で敗れたカナダチームが日本を去る前に、

被災地で泥を掃除するボランティア映像が流れました。

ラガーマンの勇気と愛情ある姿に多くの人が感謝と感動の声を上げました。

 

そして息をつかせずまた今週です。20号21号が日本に接近しています。

まさに、よわりめにたたりめ。

災いがたたみかけるように日本に襲いかかってきます。

 

私たちは認識を変えなければいけません。

異常気象が当たり前となった時点で日本の災害も異常になったのだと。

 

だからこそ、これから何度も何度も襲い来る災害に、

日本代表のように ONE TEAMになって立ち向かい、

助け合わなければいけないのです。

(もちろん避難が最優先です。早めの避難をしましょう)

そして、防災と減災の準備を各家庭でしておきましょう。

 

柳町園でも助け合いの輪を始めたいと思います。

19号の災害に対して募金を行います。

ラグビー日本代表のように、ONE TEAMを掲げて、

被害が少なかった大阪から、被災して困っている人へ

日本全体で助け合えたらと思います。

皆様からご協力していただいた募金は、

被災地の方に届くように責任をもって寄付させていただきます。

 

19号の時には法人判断で前日に臨時休園とさせていただきました。

ご協力ありがとうございました。

毎日楽しいね! 【1歳児(クローバー・オリーブ)】 2019-10-04 17:41 UP!

手作り感触シート
手作り感触シート
ダンスはノリノリ♪
ダンスはノリノリ♪
集中して遊んでいます!
集中して遊んでいます!
みんなでゴロン♪
みんなでゴロン♪

9月は主に感触遊び、運動遊びを楽しみました。

 

感触遊びが大好きな子どもたちの様子を見て運動会の親子競技の中にも取り入れました。手だけでなく足でも感触が楽しめるということもあり、普段の活動でも手作りの感触シートを用意すると興味津々で踏みに来る姿が見られました。6種類の感触の違いを楽しみ、それぞれの感触の違いにさまざまな反応を見せてくれていました。

お部屋では、ハチさんの曲を流すと体を弾ませながら集まってきて担任のダンスを真似ながらノリノリで踊っていました。踊り終わるとすぐに「もう一回」とリクエスト!ダンスも大好きです。

 

お部屋に新しい玩具が入るとすぐに気づいて手に取って遊んでいます。

型はめパズルは、やり始めると黙々と集中してやっています。

難しくてできない時には「先生!」と呼んでくれます。すべてのピースがはめれると嬉しそうに知らせてくれますよ。

5色のマットでは、色が違うのでジャンプをしてみたり、みんなで寝転んだりと楽しんでいます。