しじまにおもふ 【園長のひとりごと】 2019-11-21 13:12 UP!

年々短かくなる秋の季節

時間を見つけて休日にふらっと京都まで紅葉を見に行きました。

 

神社仏閣をめぐり

秋色に染まる景観を楽しみます。

 

海外からの観光客も多く、

京都は人があふれていました

 

自然が放つ色彩の変化にふれ

暦ではなく自然から季節を感じる時間が

私に四季ある国に生れた喜びを感じさせてくれます

 

畳の上に腰を降ろして枯山水の庭園を心静かに見ていると

時間がゆっくり過ぎる気がしました。

 

そこには多くの見物客・観光客がいるにもかかわらず

時間がゆったりと流れていると感じるのです。

 

不思議です。

美しい景観だけではなく

静けさが空間をうみだしています

 

外国の方も含めてそこにいる人が、

みんな静寂という環境を守ろうと意識していました。

 

境内の入り口には小さく静寂を楽しむよう案内看板がありました。

その効果で静寂が保たれているとはあまり考えられません

 

保育現場には騒音問題が付きまといます

静かで落ち着いた園を目指していますが

子どもが静かにしなければいけないのではなく

こどもが静寂を求める姿があり

静寂を楽しめる空間もあれば

きっと時空まで変える事が出来るのではないでしょうか

 

私はひとつヒントを頂いたような気がしました

災害大国日本ができること 【園長のひとりごと】 2019-10-21 09:50 UP!

「異常気象」がまるで夏の季語のように聞こえてきます。

今年の夏も当たり前のように猛暑となり

10月に入っても暑い日があるなんて…

まるで亜熱帯の国のような気候となってきました。

 

アツイといえば9月から始まった熱い戦い。

そう、日本で行われていますラグビーW杯2019!

 

アジアで行われる初めてのW杯

にわかラグビーファン大歓迎!

日本中からの声援とスタンドを埋め尽くす桜ジャージの光景は

日本代表選手がずっと夢見た光景なのですから。

何度もぶつかっては立ち上がる姿に涙を流して応援する人

歴史を作るベスト8の快挙で

熱気と歓声と感動と共に日本の戦いは幕を下ろしましたが

世界一を決める戦いはまだまだ続きます。

 

そんな大会中にも猛烈な台風19号が東海から関東にかけて上陸し

100年に1度の甚大な被害を日本列島に残していきました。

特に関東では暴風で猛威を振るった台風15号の傷跡が癒える間もありません。

 

超大型の19号は、列島に長時間の大雨をもたらし

結果、広範囲で多くの河川が同時多発的に氾濫し、

床上浸水や土砂崩れそして多くの死者を出す大災害となりました。

 

そんな中、台風で試合が無くなり予選で敗れたカナダチームが日本を去る前に、

被災地で泥を掃除するボランティア映像が流れました。

ラガーマンの勇気と愛情ある姿に多くの人が感謝と感動の声を上げました。

 

そして息をつかせずまた今週です。20号21号が日本に接近しています。

まさに、よわりめにたたりめ。

災いがたたみかけるように日本に襲いかかってきます。

 

私たちは認識を変えなければいけません。

異常気象が当たり前となった時点で日本の災害も異常になったのだと。

 

だからこそ、これから何度も何度も襲い来る災害に、

日本代表のように ONE TEAMになって立ち向かい、

助け合わなければいけないのです。

(もちろん避難が最優先です。早めの避難をしましょう)

そして、防災と減災の準備を各家庭でしておきましょう。

 

柳町園でも助け合いの輪を始めたいと思います。

19号の災害に対して募金を行います。

ラグビー日本代表のように、ONE TEAMを掲げて、

被害が少なかった大阪から、被災して困っている人へ

日本全体で助け合えたらと思います。

皆様からご協力していただいた募金は、

被災地の方に届くように責任をもって寄付させていただきます。

 

19号の時には法人判断で前日に臨時休園とさせていただきました。

ご協力ありがとうございました。

毎日楽しいね! 【1歳児(クローバー・オリーブ)】 2019-10-04 17:41 UP!

手作り感触シート
手作り感触シート
ダンスはノリノリ♪
ダンスはノリノリ♪
集中して遊んでいます!
集中して遊んでいます!
みんなでゴロン♪
みんなでゴロン♪

9月は主に感触遊び、運動遊びを楽しみました。

 

感触遊びが大好きな子どもたちの様子を見て運動会の親子競技の中にも取り入れました。手だけでなく足でも感触が楽しめるということもあり、普段の活動でも手作りの感触シートを用意すると興味津々で踏みに来る姿が見られました。6種類の感触の違いを楽しみ、それぞれの感触の違いにさまざまな反応を見せてくれていました。

お部屋では、ハチさんの曲を流すと体を弾ませながら集まってきて担任のダンスを真似ながらノリノリで踊っていました。踊り終わるとすぐに「もう一回」とリクエスト!ダンスも大好きです。

 

お部屋に新しい玩具が入るとすぐに気づいて手に取って遊んでいます。

型はめパズルは、やり始めると黙々と集中してやっています。

難しくてできない時には「先生!」と呼んでくれます。すべてのピースがはめれると嬉しそうに知らせてくれますよ。

5色のマットでは、色が違うのでジャンプをしてみたり、みんなで寝転んだりと楽しんでいます。

 

 

運動会に向けて 【園長のひとりごと】 2019-09-17 14:45 UP!

7月の終わりから毎週火曜日に運動会会議を開いています。

事務所にブリスの先生も来ていただき、新しい運動会のありかたを考えています。

 

例年の運動会から令和の運動会へと発展させたい!

もっと楽しく!

もっと面白く!

もっと柳町園らしく!

 

初めはなかなかいつも通りの運動会から飛び越えた話ができなかったのですが、

話し合いを続けるにつれて、どんどんおもしろいアイデアがいっぱい出てきました。

 

「幼児はフルーツVSフラワーで対抗運動会をする」

「幼児の親子競技もフルーツVSフラワーで戦う」

「運動会までの日々の対戦結果を部屋前に掲示する」

「幼児クラス親VS親の競技を作る」

「会場と一緒に盛り上がれる競技がしたい」

「勝ったら2点、負けたら1点、引き分けは双方に1点ずつ」

などなど・・・

 

小学校や中学校の運動会は、保護者がほとんど参加できません。

保護者と一緒に盛り上がって楽しめる運動会は、乳幼児期までです。

だからこそ、柳町園のお父さん&お母さん!

こども達と一緒に運動会で笑顔いっぱいに盛り上がってほしいと企画しました。

 

子どもの頑張る姿

そしてそれを一生懸命応援する大人の姿

こどもの前でかっこいいところを見せる大人の姿

勝った負けたと全力で皆さんと楽しみたいです。

今年の柳町園の運動会は盛り上がり必至ですね!

 

当日はぜひとも動きやすい服装でご参加ください。

9時開場、9時30分開会です。

今年も正面に大きなプログラム席を用意しています。

総合体育館は朝早くから並べません。

朝早くに並ばなくても、我が子のプロラムではいい場所で見れますのでご安心ください。

令和2年4月入園1号3歳児クラスの入園について 【園からのお知らせ】 2019-09-03 08:43 UP!

次年度4月入園の3歳児年少クラスの入園及び願書配布についてお知らせします。

 

柳町園ブリスガーデン園児が1号で柳町園の入園を希望されましたので、

次年度の柳町園3歳児年少クラス1号認定の入園枠を一般でご用意できません。

そのため今年度につきましては、

 

9月上旬に予定していた願書配布および、10月1日の願書受け付けは行いません。

 

柳町園1号での入園を希望されていた皆様には入所枠をご用意できなくて申し訳ございません。

柳町園2号(3歳児年少)での入園申し込みは市役所となりますのでよろしくお願いします。

 

 

【9月1日現在の園の空き状況】

柳町園 4歳年中クラス(1号) 1名…問合せ先:柳町園

柳町園ブリスガーデン0歳(3号)1名…問合せ先:市役所

保護者会の会議 柳まつりについて 【園からのお知らせ】 2019-08-30 14:53 UP!

ラボで柳まつりについて会議をしました。
ラボで柳まつりについて会議をしました。
子ども達はどんなものが大好きかな?
子ども達はどんなものが大好きかな?

8月28日の17時から保護者会の役員さんが集まって、10月末に行われる【柳まつり】の話し合いなど行いました。

 

会議室に集まって、昨年度・一昨年の資料をもとにどんなゲームが良いか、子ども達が喜ぶ食べ物など考え、試食してメニューなど決めていきましたよ。

 

近くのお祭りで子ども達が〇〇を喜んでいたから、このメニューにしてみては?

大人も楽しめるようにこれにしてみるのはどうでしょう?

PPP(お父さんの、お父さんによる、お父さんの為の会)では、まだどれにしようか検討中!

 

色々試食しながら、この味は子ども達が絶対喜ぶぞ!

こっちと、これをこういう風にコラボしてみては?など、

役員の保護者の皆さんがワクワクしながら話し合いました。

 

たくさんアイデアが出てあっという間に18時を過ぎ、今回は終了。

子ども達も大人も、楽しくて美味して、笑顔いっぱいになるお祭りにしていきたいです。

 

お祭り当日にお手伝いできる保護者の方がいらっしゃいましたら、事務所までお声かけ下さい。

 

役員の皆様、お疲れさまでした。

 

 

感触遊び 【1歳児(クローバー・オリーブ)】 2019-08-23 15:13 UP!

アイスバーで色水遊び
色が出てきた!
アイスバーで色水遊び
色が出てきた!
野菜スタンプ
ぎゅーっぽん!
野菜スタンプ
ぎゅーっぽん!
麩と高野豆腐
不思議な感触だね!
麩と高野豆腐
不思議な感触だね!

 

 今月は夏ならではの感触遊びをたくさんしました!

 

アイスバーで色氷遊び 

氷に触り、手に色が付いて不思議そうに何度も触る姿もありましたよ。

とっても上手に絵を描いていました。

 

 

野菜スタンプ

ピーマン、オクラ、キュウリを使いました。

 

オクラのスタンプを押して「お星さまの形だね」と担任が言うと"きらきら~!”とにっこり笑いながら言う姿がとても可愛かったです。

 

 

お麩と高野豆腐で感触遊び

お麩や高野豆腐を手のひらいっぱいに持ってぎゅーっと握っていました。

指につけて指輪のようにしている子もいましたよ!

可愛らしかったです。

令和2年4月正規職員採用試験情報 【園からのお知らせ】 2019-08-21 10:41 UP!

就職活動中の皆様へ

 

柳町園は下記の日程で新年度採用試験を行います。

就職説明会・見学会は随時受け付けています。

ご連絡ください (06-6908-1010 担当:柳町園大西)

 

【採用試験】

令和1年8月31日(土)10時

 

【応募資格】

保育士資格と幼稚園教諭免許の取得または取得予定の者

(新卒・既卒・経験・年齢・性別・不問)

 

【提出書類】

履歴書・学校成績証明書(新卒のみ)・資格証の写し(既卒のみ)

 

【提出期限】

令和1年8月30日(金)17時までに柳町園事務所(郵送可)

 

一度「柳町園」を検索してください

ご連絡お待ちしています!

スマイルシンデレラ 【園長のひとりごと】 2019-08-07 12:45 UP!

全英女子オープンで渋野日向子選手優勝おめでとうございます。

スマイルシンデレラ・・素敵な言葉です。

プレーの合間に見せる笑顔に、ゴルフにあまり興味のない私も

彼女のスター性と将来性を感じてしまいます。

 

ところがゴルフから保育現場にニュースが変わると、

保育士による虐待や不適切な関わりが報道されています。

こちらには保育に興味のある私としては

何とも言えない気持ちになります。

もちろん手を出すこと、不適切な関わりは絶対にいけないことです。

 

「子どもが言う事を聞かなかったからしてしまった」

「ノルマを達成するプレッシャーで子どもを責めてしまった」

 

働く者としてストレスやプレッシャーを感じることは少なからずともあるでしょう。

それは保育の現場に限らずどんな職場でもあります。

 

「子どもに手を上げるのはどうかと思う」

「園の管理体制はどうなっていたのだ」

「調査して透明性の確保を」

「子どもへの関わりをもっと学校で勉強してほしい」

「すぐに子どもへのフォローを」

TVのコメンテーターが、もっともな事をコメントしています。

 

コメンテーターは保育者の罪とこれからの罰を報道しますが、

保育中についこどもに手を出してしまった保育者の状況を誰一人として考えてくれません。

 

私はこの問題の本質は、目の前の子どもで、手一杯になっている保育現場にあると考えます。

 

おそらく保育者のストレスと感情があふれてしまい、

結果こどもに手を挙げたり、

不適切な言葉がけをしてしまったり、

そしてそれを周りが止めることができなくて・・・

こどもを守る保育者の本質から気がつけば外れていってしまったのでしょう。

 

でも私は勝手に想像してしまいます。

何度言っても子どもが言う事を聞いてくれない。

いつもふざけてばかり。

先生をばかにする。

いたずらをして周りに迷惑をかける・・・。

もしそんな保育現場であれば、保育士には相当の我慢を強いられるのではないかと。

(今回の園がそのような現場だったかどうかはわかりません)

 

保育者がストレスを我慢できなかったからダメだったのであれば、

それは個人の力量不足ってことで片づけていい事なのでしょうか?

なんかいろいろと違います。

 

そもそも、保育者という人は我慢できて当然ではありません。

保育中に子どものあらゆる姿で腹が立たない人の集まりではありません。

私はそんな特殊な感情を持つ人だけが保育者になれるとは思いません。

 

喜怒哀楽それぞれに感情を持ち、ただこどもを好きといえる人達が保育者です。

子ども達のために勉強し、資格を取り、夢の保育者になった人達です。

子どもを叩きたくて保育者になった人は一人もいないと私は信じています。

それでもこの国のどこかには不適切な関わりに追い込まれてしまう保育者がいます。

 

私はあと少しで手を上げそうになって

何とか踏みとどまって涙をこらえて

今日も胸を痛めながらなんとか保育されている人が

日本中にいるかと思うと胸が痛くなります。

残念ながら私が救える保育者は、柳町園の保育者だけです。

 

子どもが嫌いになりそうだからとの理由で保育現場を去っていく人が全国にたくさんいます。

それらが潜在保育士(資格はあるけど保育現場で働かない人)となる可能性は否定できません。

 

保育者が毎日笑顔で働ける保育現場が当たり前の園なのか?

保育者がストレスを感じる保育現場が当たり前なのか?

 

やめてしまうことが見て見ぬふりをすることでないならば、

目の前の子どもで手いっぱいの保育者を救うことができるのは、

園長をはじめとするすぐそばにいる同じ園の保育者です

ぜひとも笑顔で子どもと過ごす保育環境を整えて頂きたいと願います。

 

保育者は保育をする者です。保育をつかさどります。

ところが子どもを見ているだけではなく、

保育士にたくさんの役割を求められています

 

地域の子育て支援を

地域資源との連携を

地域社会への貢献を

虐待の未然防止を

保護者の就労支援を

待機児童を解消を

少子化の対策を・・・

 

保育者に求められることは大きいです。

社会からも、保護者からも、子どもからも・・・

背負えないものまで背負いだすと、壊れちゃいますよ。

だからまずは子どもの笑顔を中心に背負ってほしいです。

 

今日も柳町園では、

子ども達の笑顔と保育者の笑顔があふれています。

これにはもちろん保護者の皆様の柳町園に対するご理解とご協力があってこそなのですが、

楽しく保育する姿を見るのは私も保護者もうれしい事だと思います。

 

全ての保育現場がつらく悲しいものではありません。

笑顔で溢れる保育現場を作りましょう

日本のどこかで悩んでいる保育者を思うと心が痛みますが、

どうか子どもに関わる全ての保育者が、

子どもの前で素敵な笑顔で毎日保育できる日々が過ごせることを願っています。

 

手を出さずにギリギリで頑張っている保育者が

渋野選手のようにもっと笑顔で保育できると嬉しいです。

 保育者こそ「スマイルシンデレラ」じゃないとね

夏も大好き!(3・4・5歳児) 【4歳児】 2019-07-31 19:02 UP!

スイカ割り♪
周りの子ども達が「前!」「うしろ!」と声を掛け合い、スイカの元へと誘導です。
おやつで美味しく頂きました☆
スイカ割り♪
周りの子ども達が「前!」「うしろ!」と声を掛け合い、スイカの元へと誘導です。
おやつで美味しく頂きました☆
ちょうちん作り☆
ペットボトル切ったものに、赤と白のカラーテープを交互に貼っています。
とても真剣に作っていましたよ。
お部屋がお祭りモードになっています♪
ちょうちん作り☆
ペットボトル切ったものに、赤と白のカラーテープを交互に貼っています。
とても真剣に作っていましたよ。
お部屋がお祭りモードになっています♪
泥んこ遊び☆
足にたっぷりの泥んこ!
気分は砂浜です♪
泥んこ遊び☆
足にたっぷりの泥んこ!
気分は砂浜です♪
泥んこ遊び☆
「コーヒーどうぞ」とお店屋さんごっこが始まったりします。おいしいコーヒーはできたかな?
泥んこ遊び☆
「コーヒーどうぞ」とお店屋さんごっこが始まったりします。おいしいコーヒーはできたかな?

 泥んこ遊びでは、水着とTシャツに着替えてダイナミックに遊んでいます。泥の中に入ると「気持ちいい」と話し体の上に土を乗せて埋まってみたり泥を運んだり、土を掘って楽しんでいます。

 

 プール遊びでも、水に慣れバタ足や水かけ滑り台などを楽しみ顔をつけれるようになった子もいます。

 

 これからも、夏ならではの遊びを広げていきます。